コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

鯨行ケバ水濁ル 梟飛ベバ毛落ツル 12-1

 根深い事件の裏にあろうことか二人の部下が関わっていようとは指導力のなさを痛感いたします。楽に、解放してくださいませ、私は切に願いました。身を切る思いは斬られたことすら感知せず一度にまとめて。胃が軋む、さあもったいぶらずお話ください、凹んだお客様をどのように作り出したのかを。
「逸れはもう少々お待ちを、説明上話の並びは変えられないのです。まあ、豆は厳密に言えば一粒ごと質は異なる。採取される木、栽培される種類、育つ農園、産出国によっては当然。同一などを考えることそれ自体が不問です。方法を試し現時点における私の最善が提供という行為でしょうか、淹れ方はですから変わってしまう、想像されるそれらしい答えに触れて引き戻る。ええ、戻ります。家入さんは同僚たちの振る舞いを読み取ったでしょう、腕輪型の端末が異常事態、開閉が続くドアの警告を知らせていました。フロントはもぬけの殻、『ひかりいろり』には死体と遠矢さんの姿のみ、兎洞さんは見当たらず。ホテル内の通信機器利用は制限されている、兎洞さんは事態を知らせにいった、エレベーターで地下に降りた、と家入さんは見当を立てた。そして最大の疑問。立ち尽くす遠矢さんは入出を拒んだ。警察の到着を待て、という意味なのか、取り乱した自分が見境なくあなたも殺めてしまいそう、とのかろうじて平静を保つ悪に堕ちる手前の一時取り戻した善の心が振り絞る訴えなのか、状況を彼はつぶさに観測し入室は思い留まります。見たこともない人がそこに死んでいたのですし、見たこともない人がそこで立ち尽くしていたのですからね。ありえませんか?いいえ、私は正当な回答を述べているつもりです。あなたの引っかかりは彼の特性を知ることで解消されます。お二人、家入さんと山城さんに同意を求めます。警察機構と私は無関係と考えてください。感謝します、ほぼ見越しどおりに、隠すほどのことでも。なんでしたら他のアプローチもお見せしましょうか?気に触りましたね。