コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

「性格をまとめましょうか。疲れます」
「まったく。一体に一人って誰が決めたんだか」
「いつも、あなたは怒る。疲れるでしょうね」
「あなたの前でだけよ。他のお客さんには美しい私を見せ付けているの、知ってて?」
「いえ、僕が来るときはいつも空いてますから」
「殺したの?」
「そうくるのか。いえ、僕ではない」
「誰だか言ってよ?」
「そういえば地獄耳でしたね」
「挑発でしょう、乗りませんよ」
「僕ではなくて、ぼくである。これがヒント、というか正解です」
「不誠実」
「これでもかなり譲歩したつもりです、伝わらないのかな、感情が通っていない、よく言われたものです」
「ふーん」
「急いでます」
「ふーん」
「切ってもらえますか、髪の毛」
「最後にもう一回聞くわ。それであきらめてあげる。さて、バリカンを取り出すとするか」
「刈り上げてとは、一言も」
「冗談を理解してるくせに慌てちゃってさ。めがね取りなさいよ、切れないでしょ」
「かけてませんよ」
「色眼鏡よ」
「虫眼鏡なら必要かも」
「ミクロの私を見て綺麗さを再認識したいのね」
「照明の明かりも集めたら熱を帯びるんだろうか、やりませんでした子供の頃」
「そうね、数年前のことよ」
「外、雨が降ってます」
「ええ、髪質が教えてくれてる」
「眠ります」
「おいこら」
「お客への態度とは思えません、非道だ」
「人払いをさせておいて、その言い草、私はいつもそれでも頼まれてしまうんだわさ」
「どこの言葉ですか?そうです、忘れてました」
「なになに?」
「おやすみなさい」
「コンセントまでコードは延びるかしら」
「バリカンはしまいましょう」
「伸びたな」
「切りましょうか、そろそろ」