コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2018-11-28から1日間の記事一覧

兎死狐悲、亦は狐死兎泣 3-3

手を添え囲炉裏にはまる石に触れる。ぴったりと枠に収まる、盛り上がる、そう捉えられもする、けれど決して縁の高さを逸脱はしておらず弁えて平行に徹する。はいつくばって、顔をびたっと眼球があたるほど近づけてみた、成人男性の中で鑑識は当然としても、…