コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2018-12-07から1日間の記事一覧

兎死狐悲、亦は狐死兎泣 6-5

少女の視線が美弥都の背後を捕らえる。窓。 ぐずついた天候、空模様は崩れたらしい、雨が落ちた。それらしい兆候を見過ごしていた雨雲の流れはひっそり水面下で忍び寄っていた。 極限状態に、室田祥江はの心情は晒されていたのかも、溢れるすんでんのところ…