コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説3 「addict ヱディクト」

ch 3 

「目に留まりますよ」「優しいのね」「それとも見返りがほしくて?」「識別に長けて、席までを正確に言い当てます」「、なんと?」「塩漬けは適度にシソを加えませんと、ね」「選ぶ楽しみが失われましたが」「あら、不確定に価値などがあって」「握手に他人…

ch 2

「出ます」スタジオを早朝に時を計れる電車を選ぶ、「後日改めて改善をこちらに」余分に一席買わされた挙句、急かされて搭乗は人目を引いた。当地、待たずと出迎える車は手筈の通り、「抱えます」顔を車内へせっかくはそちらの早合点では。「反対のドアを開…

addict ヱディクト

本日から新しい小説を掲載します。 ch 1 「お待ち致しておりました」あわや衝突、彼がマネジャーであるらしい、東北までを車で大変な御足労を願いました、「いやはや安堵は、していられませんよ」、胸を張る姿は奇妙にも様になる、オオガキは案内役を助手席…

put on more layers of clothing 1

「待つの、それ」 「私のことですか?」 「、あなたが誰だか知らないけど、はぁ、返事をしたもの。居るじゃないの、はっつ、はっ、、ふうう」 「車内の忘れ物でしたら、届出は明日の朝ですよ」「駅員の姿はありますけど、時間外に彼らは応じません」 「袋の…

夜かいの翌週。賑やかな通り、『ブーランジュリー』供給の『コーヒースタンド』が提供(おく)る例のミルクフランは長蛇の列へ次から次、人を吸い寄せる。入店を前に三人に一人が『エザキマニン』より筋向こうへ心変わり、待ち時間の長さが仇と出る。通りは整…

「松本商店に落ち着きました。あれは、作戦だったの、ですかね」 「一本気だと思うよ店長は。けど、cleverness(クレバー)と捉えるのが正しい映(みえかた)だろうな」 「おいしいですよね」 「同意を求めるな」 「いいじゃないですか、減るもんでもなしに」 「…