読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

定植は新月から望月を 1  五の月 下弦 雨空   561

f:id:container39:20170425155137j:plain

 整う鍬の入れて担いだ陽の重なりは、むざと大仰身に手に余り巨体は私よ、散らすあちらは共振熱きものより果てぬことの白黒きあれは雨の起り。いつまでこだわる、遅れまいと現在(いま)に執心はそちらで、あなた。いかに、問い尽きねば蝕み荒む蔑ろのなかいまに食い殺される。助言は、あしらわれた。聞く耳は疎か駆動が間をけけと肩は上がれ、湛えた冷笑。

 膨らむ。心も肥大わがもの、私道に見かけるこれみよがしの凱旋、街宣であるのに。吹き荒れて南はたんた、かかんか、空が埋まる。赤白のキリンかしら、長い首は建物をさらに。

 越える頂、波と際粛々と音を交わす、時を分けこちら、耳を傾けた傍、目とも凝らす。遠く、整然積み荷は小箱に大型船、主はどちらか見分けのつかぬほど。いらしてお帰り、夜はちゃぷちゃぷ引きました。満ちましたゝ、くっきり渇きと浸した線の覗く。大量に獲れたものさ、いつしかは勲章、波に乗れた、運びましたのに。

 根ほり葉ほり害のあってか、調べはやけに口癖に権利を、「書いて」描く、一人と二人とも多くと四五人。訳者に首を振ります、関り持たぬ、襖のむこうにおられますによりて。どうぞ、要しますね、鮮やか見分けられますとも。取り戻す、過日の惜しまれて、検討をつけておられるのでしょうね、皆様方は。

 ちらほら全うな手段を時を重ね次々は闇に常時てあらぬ所業、あげぬやらぬ明開(あか)ずと一言か申したであろうか。なか、世に色の変えてしかし真裏を隠すと人の訪れに、言わぬ告げぬ説明せず。連いては書いて、肩に載せた円き器は、だからであるのか。空く、独り言を指のさしあそことむこうやそこにも、アリジゴク、私はひとり黙々作業にいそしむ、誰かいようと口の閉じてれ車内は他人でありましょう。

 種の暴れる始末があるまじきだ、統制を図れましたはどこぞのものとみくびり怒りの買う。実りましょう、食えたものと姿を見せて閉じたなかに痛みのうちに痺れととも死の代わりに。

 なくてならず思わず偽れいざときがきてくれそのとき居並び合わせます。枯渇、得ん々ありしを透過、ものよ私の俺ぼくわたくしあたいの。

 組し徒党の不法を堂々闇雲勝手に、荒れて土地は跡に跡、紛れた輩は抗議と換わる。 あればこそ、なくはなき。人が畑、あればこそ、腹のみたして。腹の立て、もしや私のこれは手荷物、あればこそ、なくはなしさと。