コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

8 六月 上弦   892

 顔見知り、住まいを設けおいそれと他所へ移るには、製法を訊いたとてそっくりは自戒の念に指摘よりもでしょう。いつかいずれは十も二十も下、真似てごらんなさい。

 決まりを守ったらいかがか、足をはこべ、

 一心同体、一蓮托生、外を出歩く暇が、あなた方の満身は正直でしょうに。訳者の思いの丈がぶつけられ、受け手は自国の、理解に及ぶ言葉を信と決めもつけず。

 代役を立てる、事前に一言ある、いいやなくては。

 ご意見を、決議ではありません。

 、競合は避けられ他所へ売り買いの場を設けようなら、場の近く目の届きは白い眼が見えて、その者が家の者が一日のいずれあるいは週のいつかに触れ話し呼び呼ばれて依拠や屋根の下同じ時を過ごす、安らぎとゆとり一時の笑を得、引き立つは各自が家、異物をなかにここは侵すべからず、生きられませんからねこの国はなりによりて生活に費用が要る。

 釘を刺しておくべき、ぼろきれの補修をあなどっては、年配者は彼女に甘い。

 所詮は他人(ひと)の子、いざとなれば手のひける、孫よりも子供らの小言が飛ばずたとえ、ということだろうね。

 奥さんの声で喋られても、なんとかなりません?カメラを据えて丸聞こえ、人の入用をあなたは人一倍、労働力を小一時間失うのです。

 私が画面を見つめるときを他に回せられて、妻が目には異常を検知し、自ら時と場合に意(い)う。算段に向かう、単身乗り込んだ者が、妻ではありませんよ、無知であるはずが無鉄砲が引き出す相手の懐深くをこれまでに学び応用、活用をですよ、お二人とも。

 ヒキタさんがお分かりだとでも?

 腹を見せて解剖、解体をどうぞ快く開き安易に取り組み馬鹿を見る、要因は一つと見えずのいくつかが潜み隠れ他と合わさり隠す姿を見つかるそれまで息の続くか。継ぐにしろ一より拓くにしろ、室温の上がりに低温は手と離れ、二度三度を収穫し年は過(ゆ)く。

 なおらさ、私たちに追いつきかねません、引退は暇を持て余す。子供らに安全な食べ物をよりもスリリングで上に立つ者の優越を駆り立てる。

 ヒキタさん?

 水耕にあらず。土が作物を育つ。年端もゆかぬ、満足が得られましょうか。作られた、ときに入れればよい。近き者の顔がそれを、あなた方が見せに行く。しまい、どうです、精が出ます、塩梅は調子はいかが、天気が悪い、雨が降ってくださいましね、他所を探します、ここではいけない作れて売れは、強行し売り場を類似が占めるのならば、手立てを取るしかありません。

 異議なし。

 今日の議題では。

 私は反対です。

 議長は?

 賛成。

 失礼を。

 私も。

 失礼いたします。閉