コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

3 7/12   1361

 次に次と作物は実りをもたらせくれよ、身の破滅は自身が欲に。所の変えて、印を紐に絶滅を君らは恐れるのね、あなたは仕方の教えなさい、その頭はただの飾りかしら。

 頼もう々、菌の移りを知りませんが。白き粉は住まいと定めた、前に施し喜びを果敢に、そっくりでは、手を止めてあなたは動く、お引き取りを。

 しかし連作の末路を父は教えた、目的を別にそうに違いない。

 畑に入る口実だった、良心の呵責を減らすがため。強か、気候にわずか意の含まず書きなぐる文字列は読むに値せずかと、通信の類は、彼女は硬貨を持ち歩く。

 培う技術をみす々手渡して、ご意見を伺いたい。

 先を見据え手は伸ばせます。形もみなさんより早くに予想の外へ作ることでしょう。収益の上がり、次に次片手より両手へ人の雇い次から次。

 先は思いやられます。多くは小型に形は歪、食べられませんことをもぎ取られませんよう、採取に適いませんカナイマセン、願いは作物の体を彼女より離れる。一を振り返り、一つ飛ばした過去を埋め、比較に数に目の凝らす。

 譲る間に私たちは干からびる。あなたはよい。

 抱えた背負う、荷を引く、馬を買い、住処を構えて。一に戻れば息は繋ぐ。

 お似合いだ。

 蓄えた者だから、こちらに立ちものを言え。

 彼女は僕たち、でしょう。

 残る息吹が言葉を読み取り、その身を早くに身を冒す。拾われ摘まれて戻れる保証は、地を血と目指し他に風は向けよ、行って、人を払う。こっそり、生きるかも。揃い条件は一株芽の出し自生という自由を得る。 

 種を継ぐ場合だ、買えばよろしい。

 ええ、私に聞かれたのでしょう。私事を答えた、世事にはとんとここでさえ目まぐるしくて。ときに時間です。相いれず、聞くまでもありません、これにて。