コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

13   1878

 瑞々しく緑に、とりどりの野菜ととも、数人の店員が出迎えた。

 館山さんとこの、顔はすぐに知れて、「ご無沙汰してます」相手が知るのだから、呼吸と態勢を整え館山は頭を下げた、刑事二人は責任者と防備についてを、戦争でもあるまいし口をつきそうなって、体験を改めて浚った。現実であるのかこれは、体の震えがそうではないか、防衛反応、彼女はようやく身に迫る危険を浴びた。

「買い占めて、あれは奪うというか。、高値で売りつける」熊田は背広をはたき、「出動の遅れは雇い主が警察内部にも居る、ということだろう」発砲は事情を隠したくて、頼まずともだろうな。

「いずれはここを出ませんと、身は持ちません」肌寒く、くしゃみは指摘を待って私の口をついた。数時間を中で過ごす店員は上着に袖を通す、夏場も数十分の作業には必ず羽織ると、義務づけられて、備品用具入れのロッカーに数着の予備があったのだそう。事情を打ち明けたのはつまり、館山たちの分は賄えず、耐えてください、暑さを呪った罰だな、体はもう熱を欲する。

「応援を呼ぶ」熊田が端末を耳にあてた、「私だ。至急頼みたいことがある。ああ、当然部署を離れてもらう」彼はその手を私に、店長に連絡を取っていただきたい。

「電源は切られているかと、それに店を開けるとは」繋がれば後を代わる、接客を差し置いて受話器をは、館山は物は試し、連絡をまずはアナウンスにと、店にかけた。

「 もしもし、一体全体どうなってるんですよ、はぁい、すいませんいますぐに、てんやわんやで、あっつ、私一人で平日はのあああ、」しばらく間のあいて、「はあ、ふう。わたしの忙しさは修行のうちですとも、それでなんですぅ?」

「店長を出して」

「そっちに向かいましたよ。お父さんと一緒です」

「出しゃばったか、うん、好都合」

「私は実にミスマッチな組み合わせだと、」

「がんばれ、未来の店長」

「冷やか、ありがとうごさいまーす」

「凌げ」館山は自らの端末に、熊田へ借りた機械を。「私です、今どこ、店長はとなりにいるの?」

「あんたが疑うほど、ロマンチックな状況だと思って」娘です、店長が出た。「なに?」

「直売所が襲撃されて、」端末が奪われる、熊田が浚った、背を向けて口元をふさぐ、ここへきて隠し立てを。

「……ではその段取りで」

「刑事さん」

「種苗店に連絡を入れます、どうせ見えませんから、終えて確認はできるでしょうかね」

広告を非表示にする