コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2  2374

 以来途切れて音沙汰のなく、central city及びeast cityは一報を制御するかのようにひっそり、存在と賑やかな喧噪は浮かべられて、街は浮足に心あそこにあるよう向きを知れた今日だった、館山は聞き入る。

「一度検査を頼みに入国を、結果を受け取りに、」澤村が受け継ぐ、「翌日にあの二人は足を運んだ」案内役は僕ですけれどね、彼も煙草に火を灯す、天井は埋まる空調が殺した気配を外に放つ、活発な動きを取らずして、動作に音はBGMがかき消す。

「館山家の土を所を変えて調べを求めた、あなたは」顔を覗かれる、「種を渡してこれが銃撃戦を呼んだ」

 まさかぁ、小川が即座に口をついて澤村の一瞥を受けて、「まさかっ」今度は息をのむ、忙しない。

 追加の調べに土を運ぶが、店長が私に持たせた種が結果をタイヨウ食品は外、「逸脱を知りつつ、託したのち警備員に連れ去られた」情報を吸いだして、生きて出られるか、素直に報告するなら命は、いやと彼は皺の寄せて目まぐるしく競争の街に何者かに襲われる、海上に背中を上に浮かぶでしょうな。

「気に病むことは」澤村はなかを読む。「取引きにひとつ噛んで儲けが巣食う、脱出を図り離れた場所か取引を申し出れば、済んだことを、実験室は居心地のよく、企業に席を置きなおかつ待遇をもっと、目が眩んだ彼にも非はある」亡くなる、言葉にはだせずにいた、きっかけは私が贈りさえしなければ、私が安易に運んだものだから、「そうかな」今度は店長が、

「種は僕が見つけた。パスポートを所持していれば、どちらにきっかけを作りだしたか、分かれるか、僕に因むね」それもしかし立ち止まれは、事実はだ、手を貸して闇をちらつかせた、紛れもなしに私であるのだよ。館山は店長の声が届くと、備えてはじき返す。受け付けず、そっぽに向くは灰皿、理解を終えるはず、私を見くびる、彼女の思いをよそに、澤村がいう。

「船が一隻爆発し人が一人海に落ちた、記事は見つかりません。国は損なう利益と関連を認めたのです」あなたの選択によらず、あの方たちか私が運びましたさ。

人が集まりました、central cityは野菜を食べに大勢押し寄せた。作物は町の中で作られる植物工場にて光栽培、「言うまでも私が言いましょう」彼は安佐の気づきを代弁する。

活性酸素に侵された種が播かれ利益を一人占めるのはどこのだれか、」土を疑いしかし作物は育つ、種と定めて買い求める先は、生産者は途方に食べる私たちもご相伴にあずかれずにお預け。切れ長の目を伏せて開示。生産に細々も作るヒキタミツキ氏へ人の流れる、海の向こう週末を利用したらふくお腹を満たした方々市民は浮島を訪れる。「どうぞ」続きを店長に返す。も、私はと異を口に、

「勝てば次へ人の目は味わい探す、種と土の不可解なけれど作物を作る畑と生産者に付近も影響こそ顕れるも出荷にこぎつける、大きな価値をcentral cityは手中に、タイヨウ食品はならばうちが畑と種の、持ち込まれる仕事を永きに得て」

 お墨付きを自社が功績よりか、父親がまともにつぶやいた、話せるのではないか、声に出てしまい、「だからどうしたと?」形作る外側をばかりではおまえもまだ々、店長さんを見習いなさい、私と対して動じましたか、ねえ母さん。

「近くて遠い島国が首謀者というのですね、よろしいのですね?」小川が念を押す、親にかまけて、館山は事の行く末、流れに戻る。

 二人の男性は見合う。先を、澤村は煙草を咥えてまんじりとも、ため息と煙、店長は仕方のなしに引き継ぐ。

「この先は憶測をあなた方はもっともらしい回答を望むのであれば、隠れてもいられませんでしょう」

 二階か、安佐と目の合うも気配に物音は、なし。国見がいち早くさっさ確認を取り、首を横に、厨房・裏口・table天板下・吊り戸棚まで、

「出ておいでー」澤村はズボンのポケットに煙草の挟み手を添えて、呼びかけた。自声の効果音ととも端末が現れ、「種田です」刑事が喋った。

広告を非表示にする