コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」 ch 3

「お前だろう」「あなたよね」「アイラさん、アイラさん」「もし、」「アイラ―」
「おられません」
「、お前か、アイラか」扉の叩く。
「部屋を間違えて、深夜です」
「覚える、この耳が忘れるもの」複数人が出入り、表の人物が質である。
 隠れていなさい、様子をなにごとかと顔の出した同室の者に、途端。
 叫。鍵を開ける、室内は私一人に顔は引っ込む。
 先手を奪う、目の開いた。声が楽器と音源と明らかにも、表面をばかりに捉えてから、意図を対してアイラは謳う。隣室より、通路が両側に顔が出て、覗いたカワニに目配せを、察して確実に背後を彼の残像がぐるり中央がB客室を回り、恍惚へ顔かたちと胸中の傾く輩は右より背後、ハンドサインをしかと目に。
 声を続く。稼ぐためには、アカペラを言い訳に、流れて遅れるこれは仕様である。
 手招きを、危険です、通路がもの達は口ほどに意思の伝える。背後のベッドへ、見上げて私は腰を掛ける、首と目の、手と足は我に返る様がどうにも浮かんで、部屋を同じく隠れたお客を逃がした。 
 移る。サイドテーブルに呼び込み、隣りは未使用のベッドに落ち着くかと、にんまり口角は上がるも、だらしなくつばの垂れ固められたかの、両腕は前が人をわがところへ、立ち位置を入れ替えた。後ずさり、煮るか焼くか、縛りつけて人手は有り余る。
 あっ、声の出た。途切れては効果の振り出しにとは、知れて儲けものが、私の口は、喉か、人が手に壁と頸椎は挟まれて、足元は毛足の長い絨毯の恋しく離れ、何事かをひとは口に、私を認識してはおらず、誤算は余した右手をまだ通路に映る。
 遠のき、薄れて、耳はこちらへ近く、あれあらはらいや、力の抜ける。首が引くかの、顎の上がり輩は音のする方に、鼻を利かせる。
「、バッテリーは」しゃべらないで、けんか腰に口調が荒い、カワニの本質はこちらにある。アダプターとつなぎます、リピート再生もばっちり、「痛みます?」赤く人の手が肌に映えるとのこと。看護師が職業が買って出る、刑事の姿をカワニに探させる。背中を壁が支えて、内出血と骨は大丈夫そう、けれども念を押されて病院に付き添うとまで、太鼓判をいただいた、一人でも、お礼は伏せた目に届けた。
 防壁を、「ベッドを動かしたい、手を貸してください」嗄れ声に幾人かが、数少なな男性を選び、女性が手は仕事を求めてもはきちがえていますよ、私は見つめた。
「いません」ステージに戻りましても、カワニが首を振る。怖気づいてか、先ほどからおかしなことが大きく一つ、小さくこれで三つ。バリケートに室内に狂乱がひとつ、刑事の行方が小さく一つ目、特別室がカワニの呼び掛ける連れの女性が反応が二つ目、三つ目には私が負った足の傷。
 呼ばれる。「仲間がもしか、この中なんじゃあ、」刑事の姿をここに見えずに、もう一名部屋の数と合わせたか、方法を探れ、私に問う。アイラさん、閉じて、アイラさん、探る、アイラさん、アイラさん、「何その顔」扉を開けてタテカワが見える。