コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です ch 6 

 ステージを反対より回る、階段を下りた、制止をふつとそれどころでは必死、態度を速度がどうなっておりますか、女性客は私たちの前に現れて陣取る階段を通らずに右舷側を選んだ。照明器具を上階より調節する足場が組まれていたのか、入り口ドアは手すりの太い縦じまに隠れてだ、平行に次は階下を覗く、心理を突いた。
「私はここにいません、いいですか、私は隠れてなど、悟られないように」演技をして追っ手を巻け、大仰な態度は命の危機をこの中ははびこる、オオガキは引き留める選択を引いた。彼女が犯人ではない保証を私は示せません、軽く引き上げた眉がアキの言葉に従うのだった。
 ではこの場合は、タテカワが形相を携えた登場に逃げ出した同室のお客は、行方を尋ねた。
 無答。二人の口が閉ざす。私一人ならば、スタイリストの彼女も眼差しはまっすくぐに力が加わり回答は身の危険を呼ぶと。「どこにいるのー」一人で、捜索には手を出すな、大きく聞こえる声の張って、会いはしたが役不足に足手まといは要らぬ、ひどい言われようである。逃げ出した者、犯人はほかに所を変えて船内にまだ潜む、事情を逃げ込み籠城したあの人が知るとでも、オオガキは視線の送る。ステージに、抱え運んで片方がドアにいすを置き、手の払う、。逃げた、一体何から、責めを負う立場と、失態を犯した罰を負わせるがタテカワの目的であるのか、憤りに鼻息の荒い、鼻を明かされた者が行き場のなく怒りをたぎらせる。
 誰か通りました、アイラが掛けて、ひ弱だとばかり走れる姿に見とれて読まれた。「時に間に合う時間を過ごして、」走りようがあるのか、口ごもる私をよそにアキに詳細を尋ねる。挑みかからん猪の突撃、タテカワが袖をまくるステージ上の場面。
「出てきなさい。訊きたいことがあるのだ、私には時間がない」
「いやよ」港に着くまで開けらません、その手には乗らないんだから。
 力づく、少々のそれは痛みを覚悟したと私は受け取るぞ、いいな。強気。
「いけ好かない。アイラさんを盾にね、あなた評判悪いわよ」マネージャーさんは合格ね、気の弱いところはまあ大目に見てあげるわ。
「何様」
「出ないの、出たくはないの。殺されにあなたかもしれないのだから」
「誰が失礼な、いまの言葉は撤回だぞ」
「大げさ」楽屋にこもる彼女が声はスピーカーを通す。
「犯人らしき人物は室に閉じ込めた」疑いをかけられる、事情を知りたいのです、部屋を抜けた心理と手順、通路の人気を。よく通る、感心は体の声、振るえたのだ。
 出てきた人を最前列に二人の女性は一人がステージに片足に体重を、アイラは段を下りてゆらりと立つ。
 両者と一人は刑事でも容疑者でもなく、ともに船内に居合わせた関係者である。会議を行う畳敷きの部屋が開き、アキはトイレに気の付いた者に帯同した。
「これで手足を椅子に、私を括り付けて、ください」自覚症状が、アイラが訊き、「特別なのですよ、代わりなど探したって見つかりはしないんだから」