コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です ch 7

「聞くに値するのかしら」きっかけとは、女性は話す、狂信は言いすぎて人たちの心理は無関心な人よりかは寄り添えるつもり、です。発動するだなんて、私聞いていなかった。どうしたらよいのかだって、おかしくてついにか、まっとうに胸を張れる生き方をしていたわけじゃね、ああ、誤解ですよ、幅広くあなたは人に好かれます。「詳しく、」発動をタテカワは掘り下げてと、口調は柔らかく。
 慰安旅行に、「スーパーでレジを打ちます私にも、会社の方針らしく一年の労をねぎらう行事を再びと、上役が代わったのかどうか、休みがありがたくお断りをしたのですけれどね、肩身の狭く、忠告を受けまして」女性が働く職場に私を示されても、内容の変わらず慣れには見下す余裕が芽生えるのですよ。「私はさきを、」タテカワのいら立ちを制した、アイラは腕を元に。
 インイヤー・モニターが壊れました、断線して、兆候に見て見ぬふりを私がいけないのです。行きのバスに揺られてまもなくのことで、目を閉じて過ごしました、いつも通勤の電車内では耳に音を流します、食べられるだけ詰めてしまい、はい眠るつもりでした。一晩を過ごす、リセットをされるのではないのかと、意識が切れていますと私は、ゼロに戻る。「噂ですよ」症状は巷にちらほらと、真偽のほどは端末を通じたあれは表示ですからね、達観、彼女の年代であれば物心をついて手にしただろう、家庭によりけりではある。
「迷惑をかけた」片方の眉が器用に、彼女は言う、運転手の耳をひきちぎらんばかりだったと、仕事は失いました、平日に休みを以前は取りにくくて、食堂は町の外れて工場の立ち並ぶ港湾を近くに、「平日は集客の読めますから一人二人休んだところで大勢が注文を合わせてくれるのですよ、」家族を連れた週末が、家庭ごとに動き出す時間は、。没入の話でしたね。
 二十時間前後、タテカワが声が左後方より、「六時に乗り込み、発動は一公演があとの十時前。聴ける、期待の満たされずが駆り立てたか。判然と、うわさの域を出られはせずにならば私らがあんたを操ったとでも言いたげだな」
「本望です」操られてそれがアイラさんが指示であるなら、極楽がありましょうか、絵に画いてのっぺりとひどく薄笑いにも、目のなく、口が左右耳を目指す。「あなたが顔を出さずにであったらですよ」付き添うカワニさんが人はよそ者もであるから、鈍くて余計に隣の方は比較を大幅値を越えますもの。
 乱れた口調に、上層へ目配せ、視線は階段を手には殴打に適した品物か、コードを持て、振り上げて下した腕を輪のつくりぐらあり円の描いた。「歌いなさいよ」
 検索は続けるさ、タテカワの呼ぶ前に、収録曲にやむなく引き受けた仕事、カバー曲も曲目に入れた、。首の垂れ、椅子の一脚が絡み取られて私が前を真横に風の起る、私が避けられはするだろう、が背後の人はあれで女性だ、すくみ上り呼吸がやっと、手を探る、闇雲は逆なでてて火に注ぐ油、すり足が半歩、もう一方、迫る、声とも言えず漏れる唸り、。なにか、すべてを、なにか。 あれだ、 視界の端に変容をアイラは見逃さなかった。笛の音につられたかよう操られた体は見るま見る間、時を取り戻した。プリントはギターを背負うお客がアキを払い声(わたし)を探た。