コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です ch 9

「いつまで?」
「到着をもって、ですかね」
「葉書みたいだ」
「なにか?」
「音響係りは?」
「車ですよ」「だめですって、逃げようはずがあのひとが疑われた、神妙が得です」
「、長いぞ」
「なんでもかんでも、接岸は小型の船で押すのでしょうよ、ミラーがついれりゃ別ですけどね」「カメラだって波浪には耐えられて、航海はひっきりなし、冬用のカメラは見てたいですよ」
「覚えておけよ」
 連絡橋に通じ、係りに無線を借りて、到着を待つ。十分を待たず一陣が車、高いところはものがよく見える。願う組み合わせならば、車両は黒色に、高さの違う人影は望みに沿えば、セリフを一言省けたではないか。
 係りのまごついて、疑いは事務所の二人に波及し、肩の掴まれアイラは特区と私を泳がせたか。踏ん張り、「もうしばらく」警察の見開き、やや傾く通路を刑事が迫る、「言われなくてもね」タテカワが応答、覗きこもうと膝元から平手をつくる。まるく、係りが声を失い、視圧を、女性刑事は言う。
「誰だ」言わずともお分かりでは、首の根元より差し入れた指が深く、長時間と塩と湿度のデータはこれで次に活かす、皮膚の離れ剥がれ呼吸をようやくと冷気に出会い、抜け出た顔に二人目の再会を祝うには到底、言葉のみを都合よく受け取り、「その節は楽しいバカンスでしたよ」
「あー、いつかの探偵」カワニが声に出せて、タテカワは驚愕。普段と変わりのなく小柄な二人はこちらを、展開を送れと。
 大目には見てやれる、カワニの、この人は警察を偽るこれは立派な罪に問われて、口が止む。女性刑事がやめるように促し、泳がせて、海上を知らせた。接岸に橋がつながり地上とみなされる、「懸命だ」だから立ち止まったのか、感心しきりに落ち着きがないぞと、はしたない、隠そうタテカワは部下の頭を叩く。
 部屋は大広間に座古寝か、「個別に半個室」、B寝台のロールスクリーンをアイラは伝えた、刑事は男性がもう一名、染みついた煙草が香る。
「降りられないので?」中へずんずか、二人の捜査員にきいた。登場を待った、「判断を預けた、あなたはそこを私らの指示を待たず跨げるものでしょうか、」口数を、しゃべらせてペースをつかむ、通用するとでも、「大人しく」忠告はまるで犬、どこへ行こうと足は電車と仲良く、男は禁煙用のパイプを銜えた。
「どちらへ」アイラが前へ、言いつけは守りなさい、罰は恐ろしいですよ。「お腹が空きました、売店が建物にあるはですから」一人では、引き返してあの人は目ざとい、。アキを呼ぶ、「生理現象を見過ごしていられるものか、追跡は無用、」返答はあなたに、頼みましたよ、弾むケースを肩にかけた鞄が追いかけた。