コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

犯人特定の均衡条件、タイプA・タイプB 4~無料で読めるミステリー小説~

「警護はもう終わったも同然です、脅迫状が届いた訳でもないですし、本人の神経が過敏になってるらしく、近くで見張っていることを近場の常駐のスタッフに君村さんを時々見張るよう頼んでおきました。多めに手渡したので、それなりに働いてくれるとは思います」軽い口調、本質を隠しきれている。なかなかに手ごわい相手。
「例の飛行機にあなたも搭乗していましたね?」
「も?」
「私も座席を確保してました」彼の眉が上がる。
「へえ、刑事さんにそんな趣味があったとはねえ。そうです」十和田は椅子に下げたリュックから折りたたみの椅子を取り出す。折りたたむ傘を開くように四本の足が広がった、便利だ。だがそうまでして屋外に出たいとは思えない種田である。遠慮せずに椅子に座った。芝生の凹凸から支柱をよけた。
「僕が犯人だと疑われてる?」彼はおどけてきいた。
「疑いはエコノミー席の乗客すべてです」
「客室乗務員も」
「ええ」
「エコノミーの客室乗務員、彼女たちは自由に出入りができたわけですからね」
「事件のあらましを調べたのですか、その口ぶりですと」
「探偵はいつ何時情報が入用になるかわかりません。呼び出しがかかりそうな情報は事前に調べておく。案外、こう暇そうに見えて忙しいんです」
「ごみのような情報ばかりが手に絡まる」
「情報に疎いからこそ、正確な事情がつかめる」
 上空で短く鳥が鳴く。帰り支度だろうか、まだ正午を回った時刻だ。
「僕から聞いたことは伏せてください」彼はいう。空を仰ぐ。「歌手のmiyakoさん、彼女は前作のベストアルバムの発売がアイラ・クズミさんの躍進と時期を重ねた。過渡期、転換期を緩やかではなく、はっきり突きつけられてしまう。その後の発表曲は軒並みチャートを早々に落ちる、発売当日のランキングでも十位圏外が常連に、彼女は恨みを抱く、周囲の観測です。搭乗日は一件の仕事をキャンセルしてまで頑なに意思を貫き通した、帰国までの一週間に二件もの仕事を断ったそうで、事務所は呆れ返る。彼女の意思を汲み取るとすれば、アイラ・クズミから人気の秘密を盗み取る、算段だったのでしょうね。誤った解釈ですし、そこに注目していては……」
「いずれ自らが地位を明け渡す」
 十和田は軽く頬を緩めた。続ける。彼は君村ありさをはじめとして事件全体にアンテナを張るようである。「死体について、質問を受けそうですので、話しておきます。miyakoさんと死体の人物の接点が浮上しました。死体の顔をどうして僕が知るのか、答えなくて良ければ話しますけど?」
「許可します」
「レコーディングスタジオに出入りする二人の姿を画像で捉えた、これが現物です」
 白黒の写真が封筒から取り出される。大判の一枚と脱稿前の印刷紙、週刊誌の見出しを飾る目玉記事。見覚えのあるスタジオに、並んで体を入り口に向けようとする瞬間が映し出される。アングルは地上から数十メートル上、アイラ・クズミを待ったスタジオ前の通りだ、種田は映像を脳内で照らし合わせる、めまぐるしく位置取りが変わる、このときばかりは膨大な画像が流れてしまう。映像が一致点を見つけた。ソフトクリームを食べていて良かった。