コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

論理的大前提の提案と解釈は無言と一対、これすなわち参加権なり 1~無料で読める投稿小説~

「そう、みたいだな。ありやっ、朱肉が乾いてる」
 種田は指差す。「引き出しに予備があります」
「そうか、そうか」
 迷いのない打音が蘇る。
「大事な時にばっかり用事ができてしまうんですね、部長は」腰に手を当てる鈴木、写真を何十枚と幼少期に取られた経験があるのだろうか、種田はおぼろげに母親が見守る撮影スタジオの風景が浮かべた。
 通常、後輩の暴走を先輩が止め、現状はただ見守るに徹する。彼女にしてみると部長の怒りを買う段階はその二乗ほどのふりきった感情と訴えに値する内容に達し、ようやく関心を示す。現状、部長の顔は書類に釘付けである。
 しかし、鈴木の言い分には少々思い返すべき、種田にとっての要素が盛り込むべきだろうに。
 不可解にして不名誉な解決が再燃のベルを鳴らす。
「アイラ・クズミ女史の意見に寄りかかった、あれは一体どのような上層部の判断と捉えてよろしいのでしょうか、私を座らせるに値する回答を聞かせてください。久しぶりの再開に抱擁は望みません。が、上司らしい中間管理職の責務を全うしていただけると、幸いです」
「種田、怒ってるのは僕だよ」と、鈴木。
「私が怒っているように見えるとすれば、明らかに態度を取り違えてます」
「どっからどう見ても、それは……。相田さーん、ポジション取られちゃいました」
「甘えるな、近づくな、そしてコーヒーを買って来い」
「ああ、私のもついでに頼む」部長は手を挙げて、自らの分を望む。種田もそれに便乗をする。
「後できっちり請求しますからねっ、ほっとにもう、人遣いが荒くって、何で僕ばっかりが……」文句と足音と遮蔽音と共に廊下に鈴木は消えた。
 入れ替わりにいかつい表情を貼り付けた事務員の女性が精算した経費を回収する、種田は未整理、睨みつける去り際の意味はこちらへの威嚇らしい、実に動物らしい。
 鈴木が去って一分ほど経過し、対面の相田は室内の陽気にやられ居眠りを始めてしまった。
 たん、たん、判が押される。
「席に着いたらどうだろうか?」と、部長が提案をする。無論、視線は合わない。
「では、腰を下ろしたら、応えてくれることを約束してください」
「巧みだな。その交渉術を日常では封印するか」
「多用は疲弊を呼び寄せます」
「臆病でもあるのかなっと」
「臆断である自らの観測の甘さはおもしろく視野を外れる」
「だてに熊田とコンビを組んでいない、真価を発揮、というところかな?」あえて応えずにいた、代わりに腰を下ろす。さっさと本題に入って欲しい、種田は姿勢正しく軽く窓際のデスクに正面を合わせた。
 室内を自由奔放、相田の寝息が飛び回る。
「第一の謎とはなんだったかな?」顔を上げる部長が尋ねた。語尾がわざとらしく上がる。
「死体出現」端的に種田は答える。犯人は捕まったとはいえ、不満が残る。承服しかねる箇所は未解決のまま、いわゆる逮捕によりそれら一まとめは覆い隠された。底の知れぬ力、いわゆる権威と上層部の関わりは根深い、熊田たちともその点では意見の一致を何度も確かめ合う。この人、果たして部長は本質とはいかに、種田は上司の腹を探った。
 緩やかに捺印に反し口の動きは活発となる、あまり器用なタイプではない。
 鈴木の帰還がリミットに思えた。部長は口を閉ざしてしまう、まったくのでたらめな直感だ。