コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

黄色は酸味、橙ときに甘味 5

皆さんの中でも、二分されるアイラ・クズミ様との接触は大変有名な話ですわね、無論、言わずもがな、グッズ販売に群がる彼らは除外される、私たちのように彼女の聡明さを知れば知るほど、近寄りがたく、接近を好まない彼女の思想に触れて、想像の中での彼女を作り上げる、これが真のファンであります。しかし、ライブに足を運ぶ人物が私たちの会員にも登場してきました。そうです、殺された人たちです。手紙は知っての通り、前の人が書いた手紙を一緒に同封し、後続の人にしたためた手紙を添えて送付する決まりでした。私は前の人たちの手紙の内容を、はい、読み終え、このような発言を書き留めている、ということをまずは知っておいてくださいませ。一人目の方は、ライブに行かれたようです、後続の方には大変申し訳ないのですが、先に内容に少しだけ触れてされていただきます、お叱り、罵声は後々の手紙、次の周で私が読めるよう書いてくださると幸いです。いや、謝罪はおかしいですかね、だって皆さんは一人目の方から検討をつけて手紙を読み進めるわけですし、事前に内容に触れた文面まで読み進めた箇所で留まるはず、聡明な皆さんならばね。