コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

エピローグ

 目配せ。もっとも右端の私、その左斜め後方に長髪のギタリスト、ならびにもう一人ギタリストは短髪を固める、ベースのクールガイはサングラスで武装、軽く顎を引き、どんと構えるドラムスは大き目のメガネフレームを直して、スティックをくるくる回す。

 カウント。ワーン、ツー、ワンー、ツー、スリー、フォ。 

 ストローク、力強く四割ほどを目指した音の入り、私の音に応じて、追従が広がる。動き、沈む、足の踏み出し、声の音色が手がかかり。

 譜面は読み込んでいても、演奏は初の試みだ。歌詞とコードのみはカンペを作ってもらい、不確かな部分のみを抽出し、意識は演奏に注ぐ。

 楽器同士の会話、海中で相手の意思を確認しているみたいだ。おぼろげで、不確か、それでも形は明確で、理解に及ぶ。

 規則と知識は経験が保管し、取り出して演奏。技術は走破に取り込まれる。

 流れる。いつまでも弾いていたい気分だ。

 内部を開いた真実を次から次へと、彼らの柔軟な意思を渡り歩いては、私に還り、もう私でも彼らでもない、別の新しい、この場に相応しい人物が作られていく。

 はじけそうになって、相手に譲り、全体が陰に潜み、場を持ち上げて、一人が突出すると、続けてもう一人が対岸へ渡って、けれど、その場には一人が留まって、必ず歓迎、待ち構える。

 留まってはダメだ、絶えず形を変える、循環、似ているようでも姿が異なっていなくては。

 過去を詠む歌詞、しかし顔は前を向く。

 繫がりたくとも願いの成就には至らない。それでいいような気がする。