コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

店長はアイス  死体は痛い?11-3

「こんにちは」鈴木はとっさに挨拶をする。

「こんにちは」流れるような動作、首の稼動も気持ち程度斜めに傾く。白い顔には茶色の瞳が綺麗に笑う。鈴木は見惚れてしまっているが、美弥都は構わず、取り合うことなく、脇を通過、カウンターに入り、蝶番で折りたたんだ板を戻し遮断した。

 熊田の携帯が胸ポケットで振動、ディスプレイを見つめ顔が歪み、ため息。

「はい」

「どこにいる?」管理官の怒りを押さえつけた声である。

「喫茶店です。なにか?」

「どうしてこうなった?」

「なんのことでしょう?」

「とぼけるな。鈴木と相田の所在は?」

「目の前にいますけど、二人がなにか?」

「そこを動くな。こちらの監視下に二人を置かせる」

「どういった御用向きで?」

「お前たちが手におえる案件ではない。いいから手を引け」いつもの命令口調より少しニュアンスが柔らかく、棘がない。

「我々の事件です」

「命が代償でもか?」

「部長は今どちらに?」

「……少しは情報を掴んでいるようだな。あいつの居所はこちらが知りたいぐらいだ。電源を切りやがって、肝心な時に行方をくらます!……これはもう上層部が受け持つ案件に会議で決定した。いいか、私の権限ではない、さらに上のお偉い方の意向だ。逆らうのは得策ではない」

「心配をしてくれるのですか」

「あいつには関わるな」

「我々からは何も、一方的に部長が指示を送るのです」

「とにかく、二人は監視下に置く。人命が第一だ。おまえも署でおとなくしていろ。命令だ。従え。反論は認めない」

 電話が切れた。