コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

がちがち、バラバラ 6-8

「具体的に店を離れた時間はどの程度です?」熊田が煙を吐いてきいた。
「時間にするとそうですね、順番が回るまで待っていたので五分、いや十分ぐらいだとは思います。防犯カメラになら映っているでしょうね、ATMの」
「地下ですか?」
「いいえ、店内です」熊田のうなずき、種田がすくっと立ち上がる。
「私はこれで」種田は弾かれてカフェを去っていく。やっと私のイメージする刑事像が見れた気がした。仕儀は湯気が落ち着いたコーヒーを飲む。そのついでに、ちょうど正面、壁掛け時計で時間を把握する。予約客の担当は私であるし、子供のことをみんなにも説明する時間も必要だ。
 仕儀は質疑の想定を思い浮かべて、熊田の次の質問を待った。しかし、熊田は難しい表情で黙りこくる。身なりもきちんと整い、多少髭が伸びていたが捜査で家に帰っていないためだろうし、スーツもこぎれいだ、シャツの皺もない。独身ということはないだろう、寡黙な男を好む女性なら引く手あまた。
 それから熊田の質問が二、三とりとめのない平日の通りの様子と人の流れを私に尋ね、一緒に店を出た。会計はそれぞれが分けて支払った。おごられたくはない、借りを作るみたいで嫌いなのだ。友達はその警戒心が男を寄せ付けない、と言っていた。わかっているが、しかしやはり私はどう見ても自分の分を平気で人に払わせる神経に納得できない。だから、あまり関わりを持たなく、持てなくなったのかも、仕儀は店の前で刑事と別れ、帰路でぼんやりとこびりついた友人の言葉を噛み砕いた。