コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2017-05-21から1日間の記事一覧

「重着り」 プロローグと1章1~6までを掲載します。

40 持ちものに問ふ。あらずと良い、あれば好き、なきはなし。天罰にいい気味をひそか、声の殺した揶揄が起ころうはずが、ありし日他者より分かつ。天の恵み。ひたひた熱き雲と生ぬるく、時と涼風を運び、林のごうごお揺れる。植わり天与りの頂はいつ果てると…

9  939

「うわぁ、出たあ」 「館山さんのことは言えない」 「裏口が開くとは」小川安佐は額をぬぐう、目線は入口doorに送られて「叩いた人から少しずつ集金してやりましょう。時間の問題です」 店内は正午を過ぎて日差しを遮る、新聞紙の隙間なくtapeに留まる。pizz…