コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2018-04-14から1日間の記事一覧

至深な深紫、実態は浅膚 2

2アイラの曲を耳にした直後それはそれは、胸のつかえがすっと取れたの。映像だった、たぶん関東近郊の野外で彼女が伸びやかに無二無三の歌声で、雨の中、一人、たった一人で、それは、魂を削っていた。 涙が流れたの。浄化されていく感じだった。とても綺麗…