コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 4

 都心に拠を構えた歌手アイラ・クズミは演奏の場を一言か地上に留まるを、上空に続いて沖合いは船を選らぶ。目に触れて示した、報告を受けた彼女は上着を滑らせ争議を、上がる。客室へ駆けた。「ヒト型の入物」、カワニの損は私へ流込む。
 断りを、かき別けて一同を見渡し指を立てる、巨きな人、隙間と立体像は各自が補完をと、出来事を見聞きした者へ挙手を願った、遅れて着いた者に即時この場を離れて、「拘束を避けたく。下船を望むなら、」一人が、目の当たりにしては、むごいありさまにやめてください、臨む私かのよう。
「知り合いの方がおられますか」半歩、引き寄せて片足に倣う、泣き疲れ果て枯れて涙は「捜します」、呼吸が整う。しっかりと首は横へ、消入りそうに一人は心もとなくファンの交流会にて、名前と顔が初めて合い新幹線を都心から乗りました、私だったかもしれない、聞かれたんですよ。終盤は割れんばかり、女性は得てして中と言いはり本音を隠くす。大きさに非ず、私とてその体でよくも、笛の響きは知り知らず。
 ようやくだ、カワニが椅子へ彼女をひく、スタイリストのアキは水を手にカワニの許可はいただき、「差し上げても」、海上に船の中、「水分の欲して」、カワニの上司タテカワは事務所への連絡手段に取り払った衛星通信機器は、だからあれほど、吸音にすぐれた床が足の裏で押される。 視線、を拾う。まんじり腕を組んだ人物へおいそれと声をかけられるとは、段を主役は客席へ降りる、浮かぶ船は法の外に海域を出たのだ。犯人は此の中に居られる、半日や住まいを遠く離れて一日を私一人とに捧げ、近接に離れ難く足は地に張り付く。、一声をかけた。もう一度を、願う。「彼らは関係者です」聞きつけて下層の宿泊者もだ、一苦労である。
 ようやく、。掲げた手帳は作り物に私の前である、ただで置けるか。「喫煙所にいたもので」連れです、斑な生え際を、男性は撫でた。最前列に、しおらしく腰を据えた者が人。妻には内縁にも、彼女という形容が正確だろう。「付き合いは長いのですよ、ね」曖昧に、ああ、んまあ、精一杯の返事。
「たとえ刑事であろうと」代弁とは、行く先を望むため「出自は怪しい」ですから、二人を見据え、あなたは掲げた紋章と発し目撃は大勢に、「とりかかる捜査に作為を、各々が目に監視の役」では、なぜか促され連れに続き、アイラは室内へ進んだ。
 見物人はドア前に交互、監視役を変える。、室内は天井迫る二段ベッドと対面に電話機がのる。壁に作りつけて、天板と定める。ミドリ、二人掛けのソファは戸口を右に、梯子が懸り、上り下りにベッドはソファと間く。巻き付くコードは見覚えのある。付き合いは長く、明らか。一般と比べ口径の太く出入力に使う黒の線が、数えて五本、女性の体へ巻付く。四肢と首。ベッドの上下段と、壁にネジを差し込み頭のフックに右側を、同様銜えさせ後頭部と結び目が梁へ伸びた。
 カメラを借りる。船のようすは自由に、時と場所を選べれば。、使いかけがあるなら代金を、私は立て替えます。「はい」と手の上がり、今すぐに、下層へと消えた。
「惚れ惚れします」向きを死体へ。音色を称えた、手際の良くて、は差し障わる。変じ、じとりのけぞる者へ刑事は見入る、身分を明かしたことをアイラは詫びた。しおらし、連れの女性は逆なで、「あっ」わざと手をかざす。
 恨まれたかな、「私を云うので?」、かぶりを振る、彼は肩越しに送下り、元へ。邪魔者ならば息の根を止めた、身の安全を図る、時を要してまでこのありさまを、「他人に見せたかった、醜い姿を」そう、私に言わせた、あくまで想像ですがね。しゃがみ、高さを替えて彼は見上げた。
 あられもなく、届くは生きた者。高く通路は女性が泣き、やり場のなく赤ん坊の訴えをただ止んで、願う密室が思い浮かんだ。