コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

state ch 1 12時間前

  胸に抱え揺れた見えやすく振る舞うやさしさを都心の、中央駅で会いました。都合により鞄から歩速を緩めて、ちらり人が通り直線と視線がぶつかれば私は約束の五分前にあの人と意思を通わせたのです。端的に、同僚が私をいつも付け狙うので、無理もありません、連絡は互いの服装に背格好と共通の目印に持ち寄るitemと氏名でしたから、不審な動きがこのときばかりは好く働いて肩の荷がいくぶん軽く、漬物石からそれでもダンベルぐらいの変化ですか、こう見えて(私のことを存じ上げませんのは十分に理解を、頭のおかしくは、わずか顔の覚えるあなたならばと、)体を鍛えてかれこれ三年は経ちます。私事はこの辺で、まねばかりの同僚に先客ありを見せつけて、合流した私たちは新幹線は指定席に、好みに合うかどうか、駆け込む場合を想定した隣の彼女へ一人でよく体型が維持されていますよね、感心とこっそり秘密の片りんを探り出そうと、私を呪ってやりましたよ。
 談義。話が尽きずに続くとはいつ以来でしょうか、といっても私を知りませんもの、余計なことを、はい、言ってしまうのです。利用したと思われても憤慨は覚悟をしていましたのに、私だって二人を望んだ、お互い様では、さっぱりと、ああこの人はどうしていままで出会わずに、いやときがようやく許しをこのときであるからよね、じわり中心に熱が沸いた。トイレに立つ、息を殺して個室に二度のノックを耐えて、いつまで弱さを許すんだよ、けれど押し殺して涙はうん、少量にとどめた、上出来ではないかよ、どこか堂々と二人だからかも。
 おろろ、揺れに任せて覆いかぶさって、見えた痣と近接した顔とが合う。そんなつもりでは、あの、ケーブルよ、熱を持つライトに驚いた私が罰、しばらくは息が止まり仕事はこの通りに、程よく脂肪もけれどやや男性によった筋を見せられました。腕にはついていませんでしたが、ジーンズを履く伸びた足は、歩き方や速度は私が回転を上げていましたもの。
 会場で見かけて虜に、知り合いや同僚にこちらの趣味を知られる、気づかずに相手が密か私を見つけて、考えただけでも。けれど、あの人は別格なのですよ。鮭の皮を残して、プチトマトの一パックを食べ終わる私と一緒に箸をおきました。へたをすべてとってでは、取り除く商品でしたね。
 席はその人の隣に座ります。覚えてくれたら、おこがましくて嫌いなtypeでしょう、あなたは覚えている、いっておられました、だから人混みが苦手で疲れるのだって、まとめると、私は信じますから、どうか一読してくださって思い出さずともです、記憶の隅はいさせてくだされば。
 聴かせてもうらう機会を与えられて、まだなにをいうんでしょうかね、多いとは思わないのです。時期が揃い、手放したticketは数が知れません。応答の少なくて人は冷たくて好きだとは共感は致しますよ、他の一面も多くは求めております、私を筆頭にはい、正直に晒しました、見抜かれるのです、告白は私から後悔を締め出してやりました。飛び乗るより前の慌ただしく、乗り換えは長い距離と時間が車内で過ごせればではないのかと、眠れますし乗車に落ち着き不測の事態へ策も考え付きましょう。