コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 4

「先に行ってはいけませんよ、」振り返り制止を両手で、片足は進む先に向き、跳ねてマネージャーが角を曲がる。保管場所は自販機の並びのロッカー、壁の真裏、通り過ぎた暖簾とも接するか、同区画でタバコが吸えた、あいつのようになにもかもは効率の悪い、現に給湯室の案内だって三往復に不要と私は定めて、考え事と移動に労力をとは言い返す言葉も、裏を貸してあげる、必要であれば、だろう。
 本名を果たして皆が書いたか、彼の言い分はもっともである。「認められたい」嘘は嫌いよりかは、判明の恐れでしょうね。鼻を親指で指し、「同一名は私とあなたは種類の異なる」言いふらしてもよいのに、刑事という人種を市民は質に平らやそれを下回る、力を持てば本質は如実現れて、制御を得意とそれを元に選抜に力をだろう。
 絞る。S寝台に一名、隣室は上のクラスを上に一等が二名当てはまる。S寝台は上下に分かれた二階の利用客が知人もしくは同船をはたした者と確認を取り、「あなた方の連れは狙われる対象かもわからない、」口をふさいでも大声悲鳴は耐えてください、カワニという男性は危なく局面をその身に潜在を引き出せて、取り出す方法さえなのに、女性はあくびをこらえた。見つめられて、不謹慎かは時刻が判じて、受付のデジタル表示が午前二時を映す。
「スイート、セミスイートを宛がいます」通路に出たくは、このままそっと部屋まで護衛を用は果たしました、残された友人が気にかかります、戻りたくて、止まる。彼は詳細は控えますが、調べたい事柄が生じ、あの有様を目の当たりにさせたくも見せたくでしょうに」移動先は調べに立ち会っていただき、二人と我々が時間を過ごします」
 頷きが三つ、小さく引いた。小声、「清掃は済ませておりませんけど」とカワニが特別室はアイラの意向で宿泊のグレードは一人旅と二人に限る、突き合わされた権利は欲する者に、どちらが私の活動を支えますか、。
「就航間もない、開かずの扉には費用がかさみます」埃の舞う、汚れには日の浅い、設備は扉を閉めて寝具を片付け、それも室内が収納を備えるかも。
「あーん」悪態を、舌打ちの質とは裏の、了解取るアイラが離れて傍にいや、端末が使えるのなら、去って受付の受話器は、油に火を注そぐ。
「出入りを盗聴器で知るかもわかりません」不満顔の上階、同室のお客に追い打ちを彼はかけて、「そちらは調べて異常のない、ここはたとえ見つからなくても気が気ではないのかと」得体のしれず時を過ごした空白が過り、下船まで問い詰めてしまう、すり替えて危険とは隣り合わせであるのに、無知な私たちは像を結ばずにか。
 この期に及んで。戻るカワニに受話器を教えて、先にそれをどうして、普段の運動不足がと言い訳を私はあなたを屈強な男と定めていまして、男子はいついかなるときも女性の盾にならなくては」胸板は私よりも皮と骨がYシャツを透過してあきらか。
「下船の際必ず私に」キーカードが命を狙われるものとは緊張を微塵も、浮足立ち、そそくさとドアの遮閉音は乱暴に重い。
 暴れさない、いえこちらのこと、ほほ、いぶかしげにマネージャーは鋭い勘のお方と認識を改める。「そういえば」引き戻る男性二人が振返り、「お風呂がまだした」