コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 5

「場所を移したほうが、」アキは傷の具合いを確かめ包帯を巻きなおす、質膝の、左右奥の隅に体を、畳が擦れる。一晩眠れずに命が守られます、カワニから受けた一報、二三枚と指の挟み束の上に乗せた。特別室の許可はありのまま受け渡し日を告げて、とその日はくまなく船内を洗い磨いた。十日前、空気を入れ替えた室内に寝て過ごす船の移動に支払う大金が部屋を宛がわれて、高揚がそれらを吹き飛ばす。
 とはいえデッキと船首を望む窓に開け閉めは、船なのだ、空調設備は連動し室温を調整する、オオガキはアキに礼を告げて空腹の鳴りをそれとなく自由を与えて叶えてあげた。持ち歩く補助食品の率先し固形物を一口頬張る。私よりもアイラさんに、「空腹を訴える者にこそ与えるべきでは、」要する体質ではありません、ではと彼女は手に取り、お水を皆さんの分も飲みたいときに言い出せずにいるかも、一人が続け部屋を出る。
 誘われた。「開けたままで」タテカワは取引き、契約にうつろであろうと第三者が聞き耳の立てる、それでもアイラは「手遅れはその取引に私がかかわるのです」口の達者なんだから、すみませんがそうです、痛むようですから椅子に座りましょう、事務所の中間職は手のかかり、フリーのありがたみが身に染みる。
 口外を結ばせる、二つ返事に疑わしく睨まれても、素性が独り気まま音に携わります、貸しが大きくとも短く適度に好みと思われて話し、候補に思い出すきっかけに状況は異世界か、一生他人事で脇を通り過ぎた、顔を知らず仕事は覚えて、過去を辿れば彼女以外にも紹介に私に矢が刺さる。
「疑いはしますよ、」彼女は関節をならしてばらまき、ドアを開けさせて受話器を掴んだ、「受話器を拠点に動けっていうの、」アイラがきく、横柄な応たえ。「糖分が切れた、ラーメンを買う」言わせんじゃないよ、。音がない。張り裂けんばかり柔らかに怒鳴りは威嚇に通じる、彼女は歌い手のほう、世間を人一倍感じ取れるのか、鈍感は壁なのだな、オオガキはひじ掛けの助けを借りて、甲板への扉は閉じた表を近づくな、エレベータの間口を超える搬入にあそこが開くとき。
 目と鼻の先、「仕事場に移ります」了解を得た移動である、雇い主の指示には従うさ。疑問はもっとも、「開演時間は突如あなたの口が告げてしまいそうでして、ドアは締め切られた、及んで戻る皆さんは入る直後を狙いますと通路はいぜん怖がりひと気はありません」スライドドアを背に、室内とミキサーを前に私を見やる。動きの変化を私のほうへ、物をとらえるピントは室内の二人に向ける。襲われては私へ求められてもだ、被害者が増えて、腰かけた椅子の振りかぶる初めの一振りが精一杯の応戦にそこで終わる、立ち上がり私が終わる。オオガキは不要が仕事柄浮かんでしまう。
「あのひとは何者ですかね」カップ麺をすすりカワニが尋ねた、私への問いであるらしい、カップ焼きそばを私には用意、受話器を耳にアイラが戻るついでに腹ごしらえを食事代はこちらが持ちます、ご安心を、小柄な女性とカワニが私の横のベンチに座る。監視役をそこで務めた女性はステージを「構わない」アイラが許し縦横好き勝手踊る、疑いのまなざしに晒される女性はこの世界で見かける、歌手の従者が警察に、置き換わった。血が流れて痛みは軽度に、振り払った、軽くと意識は保てていたい。