コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」 ch 6 

「私の役目は、留まり回復を少しでも」ひとりが離脱、目を覚まして加わる一人は二公演後に倒れた観客である。食事は拒んで身の世話を恩を知らずに除けた。
 男性二人がアイラの考えに、マネージャーはことと次第によって三度目は見送らせていただく、いくらアイラさんでも。三度目に死体が転がる映像を想えはする、強固なセキュリティを船室に施すよう指示の出した覚えは一片とて、「私をおいて、始められたとは、お前の役目だろうに」叱責、きつく、カワニが正座し縮こまる。やんわりと間に、血走る白眼が片目、定位置に鼻息荒く醸す香は醤油と油、にんにくが香味。ぼさっと、続けなさいよ、合図を受け私は話した。
 これまでを端的に取り戻した意識へ負荷のかからずに視線を奥へ隅にと、耳を立てる下方が畳の住人らにも順序を思い出させる。
「、いかがでしょう?」内容はここの者は知る、結ばせて構わないでしょう、内に留めた各自漏れた暁は地位の脅かされる。
 読まれたのなら本望です、「言いふらすはずがありません」きっぱり。「言いふらすはずが、言いふらせますか、言いふらして、言って、、あなたが非常識に扱われます、から」服装が姿は十代と、一晩を家を出て過ごすに年齢は私よりも、家庭を抜けて飾り気を取り払えば、そう皆はずいぶんと若いのだ。
 伸び、眠気と闘かう、もったいぶる時間は惜しんでよ、女性は動きで急かす。
「チケットを手に入れ代役を頼むあなたの知人が船内、客室に密か息の殺してことが過ぎる目立たずに心拍を高める」
「急用ができてそれでだって、ホテルですよね、着いて翌朝に落ち合った」
「注意を私は呼びかけます」
 間。
「連泊を希望した」刑事の発言を受け取る、港を渡り日中は荷の積み下ろし物資の補給、船内のそうじと北海道は縁をを周遊します、物資の積み下ろしはオホーツク海を望み本州へ向けて荷物と人を積む、「隣国に荷物を運ぶ予定も立つでしょうね、就航まもなくに急ぎせかそうと、流れを読み決断に至る、判断は遅いのです」
「いつも回りくどくって」先をさっさと、タテカワにせっつかれずともだ、アイラは話す。
「チケット販売は各港がシステムを借用し、コンサートチケットの体を成す。連れの氏名を問われません、」
「二組が一組」女性は知った口で。
 事務所の二人に説明を、「落ち合う人物を互いが演じた。二組四名が乗船する、一組がチケットを購入した者が直前に辞退を申し出急きょ代役が立てた、私が話していますし尋ねたのはそちらが、タテカワのいら立ちを片耳に、「求めは記入は乗船の有無を知るため、乗船は別に部屋前で会えます、記入名の並びは離れいて問題はありません」私に見られて次の公演にまた同じ顔の者がも、空似、調べて名簿は名前の見当たりません、代役は自らを記す。「本名をお聞かせください」彼女は訊いた。