コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」 ch 7 

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」  肩の叩たき指を立てる、人が話していますよ、女性は腰を折ろうと食いつくカワニを場違いを教えた。
「PCを開きます、すぐ済みます、顔色の変わり端末を宛がってものの数分ひとをわすれて、謝り相手は先に邪魔と間に合うようには乗船をしたらば、考えは一つにと」まったく答えに、待ちなさいよ、指一本で近づく体を止める。あら、支点にカワニはこてんと半身を天井へ。
「乗船は嘘です、はい。名前は私で見られたかった、記入はアンケートが残ります。名簿にかかれずに用紙には別が通用するとでも、私にだってそれぐらいは、目立ちたくって気づかれて心に、正しくありたくて、」やっぱりですよ、ほら、カワニの表情はそれ見なさいおかしくて説明が不足しています。
 目を閉じて、アイラは丁寧に打ち明け話をかみ砕く、補足、像を足す。
「眠る方はそちらの本来の連れ、チケットを購入し落ち合う人」まだか、カワニはぴくりとも。天井を顎を向けた、靴底は付けずと踵を浮かせて、「二公演のあと見つかる死体は一公演の見つかる部屋を本来使用する方、急用と偽り立てた代役が乗るこの船に彼女は乗り込んでいた。、ですから真偽を確かめる段を演奏にといいます」
「ううん。二部屋として、チケットの持ち主が代わりを頼んでその人が殺される、寝ている人と同室だった。名前はアンケートと一心同体、彼女の話を聞いて刑事さんとあなたにアイラさん、部長はどうだか、いえ疑ったのでは、はい、とにかくです、名簿には本名が書かれていた、ただし書いた人と氏名の一致は、乗船切符の拝見は二階建て通路の前、飛行機と同じく改札が設けてありましたから。うん、視てきました、代理の人、倒れるその人は自らの名前を記入できずに、けれど初めて会う人に名前を託して、代理を頼んだ嘘をついた人が、そうです名前をかけずにいた落ち合う人のチケットを手に、代理を演じる」あなただけ自分で氏名を書けた、と。どうですか、われながらすっきりと、視線で告げてあげた、とうに次の議題へ移りたいと。
推し進める、開演の訳か、これが」繊細で扱いに慎重をきたす商品をすり減らせてしまえるか。
「私は生かしておく、手をかける相手は観客に。私がこの世を去り、その方も後を追うでしょう、生きて見せられる、許す限り手を尽くして、」
「君は事務所の商品、製品だ」背中を外したタテカワが背の高くアイラを見下げる、腕は固く組まれて、「契約をいくつ結ぶ、スケジュールが詰まるのだよ、良案だ、理に適い、車両と積み荷が維持費が高騰の重油代を支払って、世が世だけにわんさかと申し込みは数多だよ」だがな、カワニが詳細をこっそり教える、世間知らずと私は映るらしい、ドライバーの価値を高めるべく施行された後続運転距離規制法は物流の恩恵にあずかる自宅へ届く宅配便の利用者ならば話題を一度は社会に、そう私は世を離れた者とか、女性はまんざら彼も捨てたものでは、いいえもうけものかもね、表情除く連れの男に目を流した。
「地位の落ちてあなたではいられません」アイラは適格、痛いところを突く。冗談を、大げさに、タテカワの振舞い大きく動揺はかろうじて隠し果せたが、初動をもって明らか。それにしても不毛な議論、下船を前に急ぎますのは、訊いてあげた。