コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」 ch 9 

 順調、「一日に足りず、航行ならば。結果を調べる」無表情に、否定を言いたくも噤むうずく口に、両手をさっと言わざる猿(にんげん)。
「つまり、」
「そのとおりです」
「言わせてくれません?」
「侵害にあたるかも、隣の剣幕を収めてものを」
「事を執拗に一より想像がゼロを、恐れる」
「私の歌は届いていないようですね」
「耳はつくは、慎重なはりつく耳よ、先もほらとんがって、昔は嫌でね、」
「望みは?」
「いやだ、私そんな、事務所の方にいやですよ、これでもファンの端くれ」
「だから特に何をこの機会を逃してこいつの物が手に入るとでも、性格を考えろよ」
「まあ、おっかない」「そうね、三回目を聴いたいわ」、だって悪いのでしょう、私の耳は。
「あのう、まだ開く詳細を僕だけですよ、置いてけぼりは」
「あなたが反対をしようと彼女が上に立つのでしょう、欺くは味方より」
「はかりごとを知られる、カワニさんには申し訳ありません」
「とっさの対処は僕が動いて身の安全はだって、人が殺されています」
「三度、曲を彼らが耳へ流した、確かめます、網羅し枯渇にあえぐ曲を尽くす」
「お優しいのね」カワニは目と点に驚きの次に口の空く。
「曲は重ねず」モットーと言いたげ、むしろ演奏者のあるべき姿がこちらとか。耳ばかりを使うが、多くが耳の痛いことだろう。
 息を吹き替えす。「歌いきって症状は止まる。けれど、今度こそむやみに通路へ出ようとはしません」観客が部屋にトイレは完備され、この部屋の並び、大浴場へ行かずとお湯は浴びれる。使用時間はとっくと過ぎたが。
「係員の姿は見当たらずに、緩み旅と心が大きく大胆だ、」馬鹿者が、タテカワが時間外の利用はありうる事態だと、鑑賞があとに気の落ち着いたか、麻痺は浴場へ向かわせる。
「だったら、」進み出るカワニが、私の横で、見上げる。
「期待を裏切られた、発動は心構えをおおもとに据えます」要するに、彼の先をアイラが、
「三度目の報せを受けた、聴き終えた人の前を抑制働かせて、発す。発現をただし知る術は、」お返しと彼が立膝らさう。
「演奏と狙われる代役の避難を一度に続けて」
「囮りは?」私はごめん、タテカワが拒む。

「男性の一人、女性が二人」

「私しかおりませんわ、適任とはまさにこのこと」ほほ、これで監視の目を避けられなおかつ流れをも、好都合、一石二鳥、いや漁夫の利かしら。男は彼かあの人ね。