コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です 「addict ヱディクト」 ch 10

「ドアを閉めて、怪しまれては席に筆を遅く万年筆のインクをこぼしましょうね」もしくはバスルームに隠れて僕らがベッドで待機します、なにかしら部屋を離れる働きかけが、乗ってください。カワニは特別室を順に回り、開演と戻り室内の動きを伝えた。男性はカワニが代役に、彼の意向を二の次に決まり女性二名は連れの方と、私が選ばれた。タテカワが拒み、アキには荷が重く、事態はこの間曲数を減らす。
「人のベッドで寝られないのよ」枕を変える、さらに段階を引き上げた症状、病気を言いたければ、ただし私の前で、陰で叩こうものなら、わかっているな、言葉の向きはおよそカワニに、アキと私はほんのわずかに、二人ともに口数は少ない。
「どこか不備でも?」動きの止めてステージ上は私に、絶えず動けて正常は見直すべきだろう、首を振って返す。リハーサルの直後、私にも非がある。航行を遅らせるように、受話口より船長へ波が理由と遅れを下船は前に伝えて、大幅は私が腕を問われますけれどと、警察に降りられは、無断立ち去り容疑者とみなされます、あなたもですからその用意は、構えてください。同じ話を二三度、まとまりを後に思い出し肉付けがよろしい、やさしいではないか、アイラは航海初日の祝いとこれからも専属にと想いを込めたのだ。
「殴られて、自販機にアイスが売っていましたからね」誰にとも、カワニが十五分後の三回目の後編を告げて戻る。赤く手の形は、ありがたい紅葉か直視への反射。私は鑑賞より眠りを選ぶね、「警察が取り調べに旅行は台無しどころか、半日、疑われ仕事に支障をきたしかねない」足を組みタテカワ、彼女は穀物の四角柱を頬張る、残りは半分に銀色のフィルムがバナナの余る広がり皮。
 午前四時に差し掛かる、時計はところかしこに建物である証だ、陸の上でなければこそ、かもしれない。
「角に引っ込みます。カワニさんも同席を願います、一人では目についてあなたは中和をしてくれますよ」煽てても、迷惑な叩き起こしたあいつだって、そうですよ、カワニは「受付の内線が使えるのでしたら、教えてくれも」アイラは間を空かず、
「外に通じた、使用のままならぬ海上と摺り寄せたあなたがいます」文句を口に私は消火に水をかけた、煙に観客がざわめき。
「見られたのでこのまま、準備に」各自が持ち場へ、あーあ、面倒はタテカワの、カワニは力なく肩の落ちても、一段を飛ばした上り、列を整える。オオガキを先に行かせて誘導灯を持つかのよう、ゆっくり腕のまわる。
 互いが同室の者と引っ付き私とその者とに、他所には目もくれず触れた裾の当たりにも敏感に、軽い悲鳴、居所の悪く私が壇上にいることが要因であるかも、待ち望んでようやく姿と声を、か。
 手の挙がる。そちらの間で始められて、とはいえ、アイラは弦を弾く指を動かす。ざわめきを収めた一拍のひらきと始動は息のついて、意味を源、音が知らず聞こえて知覚を見が知り、顔と体内はこちらへ靡くのです。一周を回り、次へ突入またと思わせた手渡した声。忘れ、聴くをまずは思い出せ。早きこと世の流れを私を通した抵抗を会場と向かう足取り・経路はインピーダンス。高まりと流れを抑えて、。