コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 3

「オオガキさんは機材を壊された、備え付けの機材を間に合わせて使いましたよね」アキが声を張る、場数を踏むフリーランスが?、疑問に、「モニター卓を調べて使い方を習得した」使いやすく勝手の良い、打ち合わせとは事前、前もった情報の示し共有するを言いますが、不確定な卓を使おうとせずに、アイラは避けてくれがしっくり、。急変に驚いたは私のほかに、カワニが端末を落として割れた液晶をいとおしくけれど、起きた表現に聞き違えたはずもなくて見開いたは、うん良好である。
 態度を一変、女店主がことである。平謝りにコーヒーには少量のアルコールを使用していた、抜きんでるアキを視界に、もしやと。見て見ぬふりを選ばずにいれた、非礼は途切れた意識の彼女に起きて伝えてくれれば、ソファ席に落下防止にテーブルと位置を買えて椅子が支え、二段ベッドの上段である。「いやはや」澤村が額をぱちり彼女の言い分を引き継いだ、連絡は終えて期の緩む手元であった、カワニは連絡がそちらに回る場合は私に、はい、打ち付けた額の仕業と思える、探偵が話し。
「音響機材は一般とセミプロの域に、庶民に向けてたありものでならばでしょうが、」彼は煙草を灰皿に、片手は一本を摘む。「港ごとお客を収容、公演は一度きりに、あなたならばやりかねない」が、乗船は二度続けてをきっぱりと乗船の決まり、切符売り場にも大きくお断りの言葉が並びましたさ。売店の一場面を彼は言う、ネットばかりでは受付で当日乗り込む前に購入しチケットと改札を通る、「キャンセル待ちを拾った乗客はいませんかと、しゃべる機会を与えてくれて感謝はしていますがね」いかんせん、喉が渇いて、言いつつも手付かずのトーストは食らいつき、いとおしく灰皿の一本を咥える。
 発券は見送ります、カワニは私がと説明をまるで話したがるかのように、「一日を前にキャンセルは締め切り、席は調整をします」ですから空席をお客が知れてしまうのは、いいえ他人と偽り乗り込めませんよ。名前を書けないのです、アンケートに自らが乗り観戦をしたときをアイラさんに知らせられずしかも、嘘をつくのです」
 存在を知り間もない者は、種田の問いにも解答は早く気の立ち直り、「アンケートは演奏を浴びてですよ、もし万が一心を奪われたその人は二度と訪れはしない、願ったところ、初心に戻りたくとも過ち、他人が名前で私が読まれてしまった、はあ、」顔を覆う、集めるでしょうし交換に下準備を整えて拾います、忠告が転がる、彼は端末を置いた、「没入に気をつけろとね」
「たかが曲に半信半疑とは?」熊田が問いかける。
「信じたので、すよね」カワニは言葉遣いに気の竦む。発現は一見にしかず、我々は安全と保護を任されていまして、海上という不確かな場でもありません、条件が足りずに敢行したと知れた末路を恐れます」彼のコーヒーは手つかずに、熱を過敏にだろうか、「対策を進める私たちも彼女が言いましたね、検証をこの場、そちらの乗客に仰いで協力を頼めはしないのだ、後日ほかの方で行うは環境が異なります」発現を散りばめ行動を起こさぬ、程度と頻度を操り、乗船を見守る、アイラはトーストをかじる。乗客たちは円周をなかにはみ出したとて引き戻る、私の曲は生活と欠くことの一部、旅行は私が目的、ずらり聞き入る端末はデータの私が日々の私だ。