コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 5

 三分の二が空席にお客らに振りまく意識を知る。現実につき事実をのみ語るか、問われて返答も、「嘘をついて私が職業でいられません」たとえ、私は耳を指先で二度、矛先は一つ席の開いた音響係りへぎらり刃の尖る。
 演奏を否定されるのですよ、しかし女性刑事には私が威力など蚊ほどもだ、首筋は鎖骨へ届いて微動、言い残し、言い逃れは、言い分をあるのならば、省く力は体力の劣りますから、口を頼りには同伴する上司が役を担うのか、アイラは見守ろうと冷めたようやくの温度に取り掛かろうと、端切れの靡き、遅れ風と反射した刃物が光り。
「没入をそちら方々の摂取に、浴びますか、説明は不要に思えます」演奏は口裏の合わせた観客を巻き込む芝居では、種田の問いに返した、「事実をだけ」わずか右側の視野角を広げ、大勢が殺しは起きずとも働きかけて、私へ直接にすがる光景は出会えたはずです。胸の前で小さくカワニの拍手、刑事は目に力の強く、口を閉じる間に鍛えたのだろう、アイラは帰宅までの経路に所要時間をはじき出して、今日いっぱいには都心へ戻らなくては、現実を刑事は何かと主張し疑いの音響係りは身と機材の被害に全うするサポートを端々に、カワニはと目のつけた逃亡者を決めつける。
 ほら食べてしまうわ、皿を下げに給仕が視線をときを重ねる、要望をひとりが主張に追加の飲み物を、種田をほかは甘いミルクティーに目の覚めてエスプレッソを、フリーランスは自身の体を計るのだろう、年齢をおおよそ推定するにも痩身は食事量が若さに任せた必要量を下回る認めがたい事実を身に焼き付ける。食べられずに仕事をばかりも、現場に付き物と出逢うアクシデントに摂取をはなす。
 様子を伺い、問いかけは小首をかしげて見せ、ときにあきれ顔にため息、手のひらを片手お盆をもつ給仕を真似て、奪い取る出番を隣りが役目である、しゃべらずにいられるのだから、だれもが饒舌を求めるのは、感覚は染まり居続けて麻痺と固まりに、番組を断る私はお高く留まり何様であるのか、世論が上がるとのことだ。承認を得られてみたくと匂わせてもいませんが、人の帰り、二人、一人が席を立った。軽く会釈は自らのいたたまれなくて私に対する想いを使わずにいられたらよいのに、アイラは朝食がいけなかった、読めたとて私は椅子に座り半身を前にカップに指をかけて、含む苦みを残して煙を吸い込めずに、急変により液体を運んだ顔へ掛けられる先を迎えてもだ、。
「 」だが帰られは、時間はこの間も天候も立ちはだかる、涼やかに影に入り風の冷たく高く空は夏の名残りにも都心が悪天候を忘れてとでも、「演技だったのでしょう」
「あの人は主演女優賞もので」、カワニが、「澤村さんは打ち明ける機会に恵まれて、ここでは除外に、刑事と名乗る彼の隣りで身分を明かさずに現場に立ち入りました」席に着く。
「手をかけ、現場を作る」
「こんなに大勢、あら、」お客は私たちを残す、給仕が呼ばれたのか振れた戸惑い。「観客の口裏を合わせたとでも?一大事ですよ、アイラさんがそんな、私が許しませんし私の上司が居合わせたんですから、」不利益を選ばずにいられませんよ。