コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 2 

「私が副代表を務める会社に芳しくありませんでした売り上げに追い打ちがそれは執拗に大きな陰りを見せつけまして、一念発起を私、この私一人が決意を固め起こした事であります。等価交換と思えますね、予知に煎じてこちらは教えてさしあげましたから、従属、隷属などと鬼ではありますまい、言いましたよね、軌道に乗りさえすれば言うことはありませんでしょうに。未遂です、欲のお話は不要とみなします。
 施策を乗る前に私を実験体に従業員も親戚も知人も遠く離れて往きましたので、夫が引き留めには打つ手を考えてくれまして、要件は充ちるどころか深みが底の見えなくて長く届くはずの竿すらも、です。促したあなたが顔を背けては、泣きはらして状態が変わりはしませんの、体験者が語りますによって。笑ってくださらない、相殺をしてさしあげてよ、冗談が真のまま固まりますから。どうでしたか、常にね、助手席に座る私に音の権利は与えられませんで、ラジオより聴いていたとは思います。
 お名前と姿を借りるにあたり私の様を視ていただきました。移ろいを収めたビデオを事前にお送りいたしまして、真偽を下しお会いすることと、先行投資ですもの、先立つものの工面にかき集めましょう。仕事柄直面する機会がおありですが、降りかからなくてこればかりは、ね。彼の仕事場に居ります秘書の方が発狂を起こしてまして、正気を取り戻し一息つく、腰を上げようかと、彼の場合はレコード店への襲撃でした。人による、音にまつわる記憶と結びつく、ビルの並びにお店がありました。
 私への口止めに許可を出した、責任は私にあります。利用目的は告げませんでした、あなた方に伝わりますでしょう、部長さんに彼は扮して帯同をのみ求めましたもの。宣誓はあぶりだすのですね、ほころび、隠し立てを心に、聴取は今後に働きますことをあなた方警察は肝に銘じましてね、麻痺をしておられます。そうね、満たない罪により同僚が真意を問う、場を設けては。私のお話でしたね。
 常連客に交じり、私は選出に適いました。名前の多く回数を重ねる方と日の浅い私とではどちらが優先されますか、ランダムと聞きますよ、長旅のついでは利用する者を限ります。早くにこしたことはありません、枯渇に呼び水の湧いた、とでも、心より求めに現れた世界が現。顔がおっしゃっています、楽をして考えをせずにどのように胡坐をかいてお金を儲けようか、かつての私に現れましたね。
 冗談が過ぎますね、警察ともあろうお方が並べ立てるならば真実味にあふれる物語を作りましょう。私は一曲を聴き時間を空けました、一日は開けられませんでした、しかし半日はひと月を費やしたのですよ。、秘書さんと私とでは現れた種類が異なると、聴き終えたひとつ前を、なるほどね、私は繰り返して躓いた。彼は網羅と思い込む流れた曲より彼女の提供曲を奏でたと、。これっきり、発現は数人に留めた。
 若く見せるための化粧ですよ、素顔のままで問題は、あれば私にはうれしい誤算ですがね。血は流れず死体を作りましたのも港に着きまして地上とみなされます、顔は触れられたくはありません、探偵さんのことですけれどね。高いヒールを脱いで持ち物になぜと問われた場合は、履いてごらんなさいよ、長旅で履き続ける労苦は皆さんが同じくでしょうに。人一倍高く見せて、かつらを脱ぎます、呼ばれて不一致を疑う歌い手はあなた方を顔を突き合わせました。、煙草を買うついでに寄りましたわ。