コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 7 ~小説は大人の読み物です~

「入力chを二つ設けますか、観客はアイラさんの動きに逃すまいとですものね、」感心、長く息のつづく、身支度を整える、退室を願う。アンコールは構成に含む、呼びかけて歓声の声の枯れるまで、届いた過去は決まりごとに従うのだが、いつまでもいられるとは退場のアナウンスが流れる。「お時間を」吹き出す汗にスーツには染みの、従えた部下は二名、お客よりも先に帰ります、「歩きながら」優しくはないだろうか、アイラは自らにいう。
 お言葉に甘えて、「最寄り駅までで」後部座席に収まる、一人があぶれて、部下は三名であった。遮断機の下りて見る間人と車は少なく、自転車にバイクが開場を待つ。品物を手渡される、封筒は分厚くて、受け取るより視線が言い、社長は苦笑いにばつの悪く、「無言で受け取られてくださると説明が省けましたのに、なんとも」契約金のおいて、事務所には連絡を入れずにか、彼が定める規定を私は越えたのかもしれない、短期間に披露は思いがけず、ポケットマネーであるのか。
 一列が過ぎ、警告音はひたすらに。理由を聞きたがり、見つめられる顔を変えてもらうべく、「見舞われてお客はこのときを逃して振替日に来られるとは、予備の予備です」首の垂れて大げさにお客に対峙する彼が浮かぶ、「ただ一人手に取る者が永く愛用し、時を過ぎて人々が知れて、あのものが使うのならば、数十年をのちにあなたは先を急ぎ私に手渡してはならないでしょう、見つけます、呼びますから、私の分を楽器店に手に取れずと目には触れて、問い合わせを待ちなさい。大勢が目に映るときはいずれ思いがけずに、生産数が増えます、なぜか、私の好みではありませんから。誰かの好みでは大いにあるのですよ、お分かりですか、作られた方を労りあなたが守るのです」ミラーをにらみつけ、ロックが解かれた、大きな舞台で私は目にすることが叶いませんか、「先に選び二本は多くも致し方ありません、明日着る洋服は決まり、不要なのです」スーツを指す。「擦り切れて穴の空きほつれほころび、他を手に取る。汚れて着られずに欲しがって、のちにです」二本が目立つらしい、人の目が一本には慣れて多すぎや、凝り固まる手元に操られてわがことの考えに発現と偽る。拾う抱えた辞書が宝、白い眼は往く当てを失う。切符を求め、車両は出て行った。