コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 8 ~小説は大人の読み物です~

「駐車場を備えてくださいます、私が支払うので」
「機材の運び入れにバックヤードの敷地はライブハウスならではでしょう」「特設ステージを都心では、駐車の数十分がやっと。足元を見て、お宅が機材でしょうとね」
「買い換えようかとは」
「年季が入りましたね、これは。腐食の進むパーツがですよ、車は止まりますもの」
「人目は引きますけれど」オオガキは乗り込む、気温の下がり、雨。すいません、傘を宛がうカワニに。「声がかかると、私は助かります」
「そうでした」胸元を探る、はじけて粒は真新しいおろしたてが賜物。連絡先を交換する。「久しぶりに味わいました、端末では味気のなくて」名刺を受け取り、渡す。バックアップを会社や自宅に送りレンズが機体を捉え持ち主を表す、便利に幅も広がる、見られはしませんと私は降りた、ためらい未だである。
 手が濡れてしまうのに、はみ出した雨に振り続けてカワニが見送る。荷をほどき、自宅、足場を取り外します、クリーム色に斑な汚れは見る影も外に出て確認を求められた。支払いは残り半分を明日にでも、手を抜かれては困るため二回に分けたのだ。歯切れの悪くヘルメットがずれて、「お隣さんがですね、要らないのならもらうと」塗料のあまりをくれないか、多種にあふれて、快諾に廃棄の手間が省けました。
 銀行から戻り、見上げて挨拶が届く、はしごはひどくたわむ。購入したはいいがどうにも、隣人に代わり塗料までいただいて、「高いところは割合へいきなのです」頂点より換気口と窓にかけてを、マスキングテープはしかし屋根に上れる窓があるのだろうか、見栄えなどあんたが家が見違えて矛先はわしが家にじゃろうが、。服が汚れたらしい、機材のチェックに呼び鈴が、封筒が手に渡り、「気持ちだから」命は一つ、快活と鈍感のなせる業。呼ばれた代金はこれがため、コードの紛失にあてる。