コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 9 ~小説は大人の読み物です~

f:id:container39:20170927075545j:plain


「調べてみれば」
「水性と油性、鼻を刺激するのが油性だって。しかしマンションで使えるのかね」
「業者は断りを入れるんでしょう、とんかん二つ隣り部屋を去年だか、窓は開けられんし、仕えたところで作業員の体がやられる。まずは管理会社だわな」
「人件費なのよね、工事費用って」
「雲泥の差だわよ、手伝う壁塗りの難しくて腕の上がらなくて、もう。やれる、仕上がりは適わずよ」「支払う箇所をお二人で検討なさいな、楽しくて私はごめんだ」
「どれが正しいの?」
「あん?」「後押し、私は捉えるの。なまじ文字が手軽に載せてしまえて、ほころびに間違いは、目に入る記事が読まれようと必死に埋もれて、たどり着くまでは肩の凝る。手っ取り早く誤りを体験して、事実を補うしかでしょう」新居に試せと?
「養われて主婦が時間の余る、せっかくの休みをお前と過す独身に対しては冒涜だ」
「声が、おおきいよ」ドアが開いて乗換えの駅、寒さに体が放つ、くしゃみが響く。