コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

消灯後一時間 ハイグレードエコノミーフロア

悠長だ。直ちに伝えればいいはずが、手をこまねいて足踏み。アイラは新曲について考えようとした。けれど、あと少しだけ猶予を与える、彼女は気まぐれな心理を、不安定な上空を言い訳に庇う。
 締めた窓のつまみを押し上げる、アイラは真っ暗な空に問いかける態度を作る。「価値、価格の正体を知っているでしょうか。商品には市場に出回るべく価格が付与される。あなたの曲も私の曲も同様です。しかし価格は示し合わせたようにある一定のバンドに落ち着く。価値の高さ、を売りにするのなら高価格をつけることも考えられる戦略。まったくおかしくはない、平均的な出荷枚数、原材料、生産に必要な労働力を元に平均的な価値を加えた価格が、たとえば私とあなたのCDに倍以上の開きが生じてしまうと、曲を購入する予定だったお客の大まかな購買意欲は他の商品軍へ流れる。この程度の価格ならば、という特定のジャンルに対する指標をお客には植え付け、示す必要がある、売り手側の理由です。したがって、価格差の少ないCDが市場に出回る光景が日常となる」アイラはフードを取った、機内は暑い。「販売価格は変動を嫌います、動かした場合の得られる利益や損失におびえるのです。すると費用価格に関心の目、焦点が移る。費用価格とは生産に要した必要経費を言います。商品は利益を生むよう余分な価値を持ちます。つい先ほども言いましたが、資本の提供者のみが生まれた利益の消費であると、生産の拡大は見込めない、現状の維持にとどまってしまう。あなたはそこから抜け出したいので、独立を決意した。同質の商品、CDをお客に買わせる価値はどのようにして付与したらよいのか、という私に私がするような質問でしたね、結論を先に言いますが、価値の大きさについては、欠かせない生産の設備や機械などの不動の資本の大きさがものを言う。考えても見てください、あなたが所属した事務所、レコード会社は組織の体力に長けていた、現在のあなたと比べるとその差は明らか、大勢が係わる、資本がその分、今の独立を目論むあなたよりも必要となる。それらは欠くことを許されない資本です。販売価格はほぼ一定に推移する、といいました。価格面での取り分、利潤を増やすには現在のあなたの手法、独立に打って出る決意は正しいのでしょう」