コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

赤が染色、変色 1

 呼吸の荒い土井が手帳を開いた。彼が今回は担当らしい、上司である不破は目をこすり、乾燥した目元に手を当てる。「産業会館の撤収作業の終了時刻は午後十時二十分ごろ、隣接する管理棟の職員の立会いの下、ステージ設営担当の業者が内部の破損を一緒に見回って確認してます。死体はその後は出来上がったようですかね、殺害は屋外か室内かの判断はつきかねます。というのはぁ、三畳のカーペットの上に死体が置かれていことで、背中を伝う血液が吸収されてしまってました。血液はそれほど多量でもありません、これは鑑識の正式な回答です、よって、死体を持ち運んだ場合の滴下血痕は作られにくい状況であった、なんとも世間の風は冷たい、警察にとっては状況がマイナスの面ばかりに向いてますね。おっとこれは私の意見です。それとぉですね、死体発見者である市の職員は、ああ、この人は管理棟が職場でして、朝方の四時に産業会館を覗いたらしく、住民の苦情が寄せられたそうです。かなり深い時間までアイラさんのファンは産業会館を望む道路脇でたむろしていた、ちなみに呼び出された江藤智樹さんが車で到着したときにはファンの姿は消えてた、と証言してます。早朝ですから周辺の自宅を訪ねるものはばかられますので、開いていた酒倉と個人商店と米屋に昨夜の様子を聞いたところ、話し声は日をまたぐ深夜零時前後まで気になったが、眠りを妨げられて深夜に起きはしなかった、そうです。これから一般の住宅、産業会館により近い建物の証言がまだですから、なんともいえませんけれど、深夜零時前後から江藤智樹さんが出勤した午前四時ごろの間が犯行時刻。鑑識もほぼ同時刻が死亡推定時刻じゃないかと、あっと、まだ正式な見解ではありませんよ。お昼ごろには情報が届くかと思います」迫り来る、たぎる頬のふくらみがこちらを見つめる、土井はそれとなく意見を求めた。「……何かご質問があればなんなりと、いくらでも応えますので」