コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

エピローグ

 笑みがこぼれた、めずらしく私が笑う。

 彼らにも伝わる、この場では彼らは疑いようもなく私である。

 見えている、生きているが、現物はたまに。しかも、初見の演奏は無自覚に私の本能を呼び覚ましてくれる、感じ取ってくれるだろうか、どれだけが、反応を示すのか。

 忘れてた、これは日本だけではないのか、世界に向けた配信だった。

 視野を広げる必要性に迫られるかもしれないな。

 体が自然とリズムを刻む。演奏ミスは気にしなくなった。

 笑えている、感じ取れている、価値はこのひととき、よって美しくしなやかで華やかに気難しく、恥じらい多く、いとたくましく、いとおかし。

 曲の終わり、最後に弾いた音の余韻をドラムが引き取って、ピリオド。

 これだけのために、海を渡ってきた。無駄?そう無駄にこそ価値がある。

 私は手を取り合った、私から、変わったのだ、言葉をなくしたからね、私でいられるんだ。

 表紙の写真を取る。カメラマンがブース内へ、カンペの横でしゃがむ。

 私を真ん中に、彼らが取り囲む、カメラマンがカウント、

 スリー、ツー、ワン。

 切り取った一場面が焼き付いた。