コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

店長はアイス  過剰反応2-3

 種田は首を振り、きいた。「死体を放置してまで海に出る用事があったのでしょうか」
「怖い顔しなくても、やっと取れた休みですよ。遊ばない手はない。刑事さんだって、休日に邪魔をされた怒りませんか?」
「いいえ、休日にあえて行うことは私にはありません」
「もう彼女は死んでいるようだった」山田は包み込むような動作で両腕をひらいた。「それに俺よりも、最初に発見した人を咎めてくださいよぉ」駄々を捏ねる連中は逆なで声を良く使い分ける。ただし、種田には一切通用しないのが山田福の誤算だ。熊田は鈴木と後方で見守る。先ほどから鈴木は早食いの後遺症によるゲップを繰り返した。
「名刺をベンチに置いたのは、なぜです?」
「持っていても海水でふやけてしまうかも知れないって。だから、ベンチに置いておけば警察が拾うだろうと、思ったのです」
「あなたは最初の発見者よりも後に港に来たのですか?」
「先だったか後だったかなんて、わかりませんよ。面識もないし、呼びかけられた時に人がいたのを知りました。嘘じゃありませんって」
「亡くなっていた女性に見覚えは?」
「さあ、知らない人でしょう」
「顔を良く見ましたか?」
「死んだ人の顔を見られますか、警察では当たり前だろけど、普通にはぱっと見るけだでも精一杯です」
「休みの日はだいだい海に出られるのですか?」
「あの、これって取り調べですか?」
「違います。遺体を発見した人物への正当な聴取です」
「それを取り調べっていうんだろうが」山田福は後方の熊田たちに指を指す。「あんたたちも警察?」
「ええ」熊田が答える。興奮こそ相手の真意を聞きだすチャンスである。種田が感情を逆なでする場面がもっとも真実を短時間で聞きだす効果的な方法だ。それを知ってか鈴木も黙ってる、胃のあたりに違和感があるらしい、左手はゆっくりと円を描いていた。
「もう話すことはない。全部言ったつもりだ。こっちは船の運転で疲れているんだ。帰らせてもらうっ」
「彼女に聞いてください」
「何でだ?あんたの方が偉いだろう?」
「彼女の方が役職が上です」
「ったく、女が出世を望むとろくなことがない」
「何か言いましたか?」種田が白眼で言った。
「別に……。いいから、早くしてくれよ。こんなところで油売ってる時間は俺にはないの」