コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

店長はアイス  死体は痛い?3-3

「場所を移しましょう」顔色がそぐわない店長は社員に断りを入れて、出入りの激しいチェーン店のコーヒーショップで話を続けた。先導する股代は落ち着きなく後方それから左右に視線を走らせていた。席も店の隅を選んだ。股代は入り口が見える緑のシートに腰をすえる。相田が何も言わないのが不気味だった。煙草が吸えれば機嫌が戻るだろうか。

「股代さん」蒼白な股代に鈴木は声をかけた。

「……私がいけないのだろうかと昨日から考えています。一日中ずっと彼女の顔が頭から離れない。忘れようとしても仕事の合間合間に彼女が姿が浮かんで、私に笑いかけるんだ。結婚しようって約束したのに、何でって、言うんです。もうどうしたらいいか……。見てくださいよ、この隈、ずっと声が聞こえて一睡もできなかった」股代は鈴木の手を掴んだ。その動作に相田が驚く。「刑事さん、祟りとかってほんとうにあるんでしょうか?」

「い、いやあ、私はその幽霊とお化けの類はまったく信じない性質でして……」鈴木は愛想笑いを浮かべる。きつく握られた手が男の生ぬるい感触でごつごつと長時間のスキンシップは抵抗を感じる。顔を股代から背け、隣の相田に囁く。「相田さん、どうにかしてくださいよ」

「彼女の部屋にウエディングドレスが仕舞われてありました」相田が神妙な表情で鈴木の代わりに言う。「結婚をほのめかすような言動を彼女に示した覚えは?」

「……あったかもしれません」

「紀藤さん以外とのお付き合い、これは奥さん以外ともいえますが、お付き合いがあったと?」

「はい」

「現在も進行中ですか?」

「はい、そうです」

「紀藤さんと平行した付き合いでしたか?」

「はい」

「お店の方?具体的な氏名は?」

「林道……さんです」

「お店の方からも事情をお聞きしたいのですが、これからよろしいですか?」

「これからですか、ええっと、難しいかもしれません。今日は平日で一人休んでいまして、忙しい時間帯で店が回るかどうか……」

「休憩時間にお話を聞くというのはどうです?」

「それならば、しかしあまり長い時間は、私は構いませんが他の社員にはショックを受けてもいますし、そのあたりの配慮を……」

「心配いりません。個人的な情報を誰かに話したりはしません」