コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

店長はアイス  死体は痛い?3-7

「誰が好き好んで働いていると思っているのかしら。女の大半は、家庭を望んでいる。そのための布石で仕事をしている。あわよくば夫に給料それも切り詰めないリッチな生活を夢見る。だから、店長がもてはやされるの。仕事はできないかもしれない。けれど、生活には困らない。そういうことよ」

「他の店員が主な仕事を担っているのであれば、誰かがもしも店長を奥さんから奪ったとすると、それは均衡が崩れることになりませんか?手に入らないのなら支えていても仕方ない、無意味だと見限る選択肢もあっていいと思うのですが」

「スリリングな日常も必要なの。毎日同じバス、同じ電車、同じ地下鉄に乗って仕事に明け暮れ、帰るだけの生活。そもそも仕事なんて楽しくはないのがあたりまえ。店長がもし仮に自分のもの、私の理想をかなえてくれる生活を見せてくれるのであれば、生活にもハリが生まれる。もちろん、奥さんがいることはわかっている。でも、絶対じゃあないと思えてくるの、店長といると。あの人ほら、放浪癖じゃなくってフラフラ地に付かないところがあるでしょう?だからなおさら惹かれるって言うものあるんだけど、チャンスって思っちゃうの。私がゲットしたら、私が彼を変えてあげればいいって。今はどっちつかず、でも私なら彼を変えられる。私だけを見るように調教できるってね。仕事だってそうよ、覚悟が足りないだけ。センスはあるの。追い込めばなんだってするんだから」

 女性は男とは限りなく別種の生き物であるとはっきり思い知らされた、鈴木である。今回ばかりは相田も、開いた口がふさがらなくて、食べ物が入るまで閉まらない仕組み。

 林道は壁に掛かる時計を見る。「もういいですか?銀行に振り込みに行きたいんです私」

「では最後に」気を取り直した相田が言う。「この方をご存知ですか?」相田は大嶋八郎の写真を見せた。しかし、林道の顔色は不変を保つ。

「いいえ、初めて見る顔です」

「そうですかぁ」相田はため息。「ご協力感謝します」

 林道は立ち上がって、財布から一番大きい硬貨を取り出し、テーブルにパチリと音を響かせて置いた。

「捜査、頑張ってください。私にはもうなにも聞かないで下さいね、休憩時間を満喫したんいんで」

「強烈でしたね」鈴木が煙草に火をつける。相田は鈴木に向かいの席に移るように指示。

「誰だって自分が一番さ、博愛精神よりもよっぽど清々しいよ。……けど、生々しい」相田の口が左右にひん曲がっている。

「お腹すきましたね?」

「食べたばかりだろう、太るぞ」

「相田さんこそ、あっと、ごめんなさい」鈴木はわざとらしく口に手を当てる。

「まあ、いいさ。そうやって痩身を維持していられるのも今のうちだ。見ていろよ、いつかお前だって腹が出てくるんだ」二人のやり取りは次の人物の聴取まで続けられる。おおよそ一時間おきに林道の後、三人から事情を聞いた。しかし、彼女たちは一様に林道のそれと似通った発言で、もちろん彼女のようなあっけらかんとしたあけすけな言い方ではないにしろ、内容はほぼせいかくに林道の発言をなぞったものであった。口裏を合わせた可能性もうっすらではあるが浮かぶ。あるいは、林道が言う理想を彼女たち店員がそれぞれ思い描いているのか……。聴取を終えて、再び股代に会おうとしたが、不在であり、この日はそこで署に引き返した。車中では、女性について忌憚のない議論が二人によって繰り広げられた。おとなしい女性ほど、豹変する傾向がみられることや、嘘を見抜く女性の指摘には特段の根拠がなく昨日との比較で判断を下していること、においに敏感であることなどなど。

 しかし、署までおよそ半分の距離に差し掛かった時、連絡を受けて、鈴木たちは来た道を引き返す羽目になった。