コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

がちがち、バラバラ 4-6

 

「行動に示さないと意思は伝わらない。誰かが言っていた」彼女に気おされて、三神はかろうじて言葉を返した。周囲の人間にもおそらく聞こえている彼女の音声に、表立った反応は見受けられない。
「あるいて」音声を切って、彼女は口の動きだけで先を促した。私は坂を下った。変形した道のおかげで、上から降りてくる一行の姿が振り向かなくても動きがわかる。距離はあまり変わっていない。蛇行がなくなり、道が駐車場に続くストレートに入ると、彼女が三神を引っ張る。チケット小屋を左手に、坂を駆け下りる。車が一台、都合よく坂を登り、駐車場、白線を無視して旋回、二人の前に止まった。
「乗って」彼女は助手席に乗り込む。振り向いたら、傘を放り投げた坂を疾走する一団の異変に気おされ、多少安全そうな彼女の車に三神は乗り込んだ。車は勢いにまかせて、フォグライトの明るさで山間から脱出した。スリリングな午前であった。