コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ゆるゆる、ホロホロ2-5

f:id:container39:20200313143817p:plain

「いつから、どうして?」
「昨日になって警察署に捜索願が提出されました。事件当日に学校が終わり、これから家に帰ると定時の連絡を入れて以来、消息を絶っています。こちらに来たのは娘さんの捜索もかねてなのです、こちらに来ている可能性も考えられます。その様子ですと、ご存じなかったようですね」
「私のことは死んだと伝えているようですよ。生きていることはおそらく、彼女は知らないはずですから、ここへ来ることはまずありえない。……そう、帰っていないんですか」
「ショックを受けているときで、申し訳ありませんが、まだ質問があります」熊田に代わり、機械的な対応の種田が言う。「あなたが目撃した人物はあなたの娘である確率も高まりました」
「おそろいの格好でハロウィンの予行練習をしていたとでも?」娘があんな格好をするはずがないのだ、現に私よりも相手方の両親の思想を受けている。基本はスカートやワンピースなどの清楚な格好がメインのはず。
「亡くなった少女はモデルの仕事で事件当日、一時間目の授業を受けて学校を早退し、このあたりのスタジオで雑誌の撮影後に殺害された。もしも、あなたの娘と少女が学校で入れ替わっていたら、あなたが目撃したのは娘さんとも考えられます」
「検死の結果は娘に似た同級生が殺されたのでは?」
「もちろんです。ただ、検死に取り掛かるまでには多くの人間の関与が確認されています。どの段階でも密室や保管場所へ出入りが認められる人物が多数浮上。死体を、あくまでも可能性ですが、あなたの娘さんとすりかえるのは不可能ではありません」
「あなたの考えでは、そうすると娘はもうこの世にはいない、ということでしょうか」
「いいえ、現場に駆けつけた男性や救急隊員が買収されていたとすれば、倒れた芝居で済むでしょう」
「わからないわ、なんのためにそこまでして欺かなければならないの?」
「それを調べています」
「待って。二人が入れ替わったとして、娘が死んでいなかったとします。学校で授業を受けていたのは亡くなった少女よね、少女の代わりに娘が撮影をこなして、私の前に現れる。そして、死んだふり。しかし、検死の結果は娘ではなく、死んだのは瓜二つのクラスメイトってことよね?」
「ご理解していただけたようで」
「じゃあなに、殺された子は誰かに運ばれたか入れ替わった場所で殺されたってことよね」熊田は軽くうなずく。種田は能面のように平坦な表情。「意識があったら娘はクラスメイトの死を把握している」