コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

摩擦係数と荷重4-2

f:id:container39:20200509131858j:plain

 被害者は女性、人間である。体には無数の傷と死因の鈍器による殴打。死亡推定時刻は午後9時から深夜0時にかけて。死体の発見は通報者と同一人物。思い出した、通報者の証言をもとに捜査を始めたのだった。そうだ。もし発見者の彼女が現場を通らないとすると発見は遅れた。

 犯人は彼女に発見して欲しかったのだろうか。彼女の終業時刻を知っていた?

 発見を恐れない場所に捨てた理由は見つかる時間が重要ではなかったから。それならば、どこに捨てようとも犯行を目撃されない場所ならばどこでも良かったと推察できる。しかし殺すことに意味を見出した犯人ならば、死体を隠していたほうが次の犯行にも挑みやすいだろう。どうして、リスクが生まれるような死体の捨て方を選択したのか。疑問が残る。ただ、スリルを味わいたいのならば行動の意味も頷ける。見つかる見つからない、と殺しの両者を楽しむのだろう。では、ターゲットはどのようにして選ばれたのか。ランダムに選んだとしても被害者が姿を消した場所や死体の遺棄現場などから犯人の行動エリアが知られてしまう可能性を生み出すだろう。それも、犯人にはこの上ない喜びなのか。理解はいらない、ありのままを受け入れることが捜査の先を見据えられる。

 事実だけ。

 鈴木は向かい合わせのデスクの対角線上に座る種田がいつものように物思いにふけっているのを気づく。すると子守唄の誘いのように眠くなった自分のまぶたが落ちていく。

 「朝から寝るな」熊田がドアを開けて入ってきた。種田も閉じていた目を開く。

 「おはようございます」鈴木への注意が種田にも意図されたように伝わる。よく通る種田の声が室内に響いた。

 「すぐに出るぞ」

 「どちらへ?」種田は熊田を斜め下から見上げる。

 「レンタカー会社」

 「犯人がレンタカーを使用していたのですか?どこからの情報です?」種田の手がデスクに乗せられる。