コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

摩擦係数と荷重5-1

f:id:container39:20200509131858j:plain
「もしもし、相田さん?」
「なんだよ?こっちは忙しいんだ切るぞ」
「ああ待ってくださいよ、ちょっと調べてほしいことがあるんです。すぐに済みますからお願いします」
「ったく。で、なんだよ調べてほしいことって?」
「早手亜矢子の捜索願を調べて欲しいんです」
「捜索願?もう死んだのにどうして捜索なんかするんだ?葬式だって終わっただろうに」
「そうじゃなくて、早手亜矢子の母親の連絡先を知りたいんです」
「それと、捜索願とどうつながるんだ?」
「だから、捜索願の提出と、その時にまだ身元不明であった早手亜矢子の情報が合わさって身元が判明して、その時書いた母親の連絡先が知りたいんです」
「ああなるほど。最初からそう言えよ。一から十まで、全部把握してると思うなよ、お前の言葉は足りなすぎる」相田はあれこれと文句を行ってきたが鈴木の申し出は受けれ入れられ数分の保留音の後に番号が伝えられた。
「もしもし、私先日お会いした刑事の鈴木と申しますが」早速、鈴木は早手美咲、早手亜矢子の母親の番号をコールする。
「はい、刑事さん。どうかなさいましたか?」かしこまった声が耳から染みこむ。
「はい、あのですね、お聞きしたことがありまして今どちらにいらっしゃいます?」
「運転中です」
「あぶないですね」
「いえ、ハズフリーですから大丈夫です」
「そうですか。娘さんの事件についてお聞きしたのですがお時間を作ってもらえないでしょうか?」
「今はちょっと無理ですね。これからまた別のクライアントのところへ行く予定ですので」
「そうですか、では何時頃に終わりますか?とても重要なお話です、早急にでも伺いたいのです」
「なにかわかったんですか?」前回とは異なる積極性を早手美咲は鈴木から感じ取った。
「電話ではお話しできませんが、はい、掴んだ情報はあります」正直に言う鈴木。それでいいと熊田も頷いている。通話はスピーカーにしていた。
「……わかりました。では、午後7時ぐらい事務所に一度戻りますので、その時なら少し時間がとれます」
「仕事の後になにかご予定でもあるのですか?」最後の言葉が引っ掛かった鈴木は躊躇なく踏み入る。