コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

重いと外に引っ張られる 1-11

f:id:container39:20200509131858j:plain

「あの、ちょっと?」警官が機能停止した種田に心配の声をかけるが熊田がそれを制する。
「構うな、いつものことだ。すぐに帰ってくる」種田はたまにこうして充電が切れたように彼女の時が止まる。過剰放出によるエネルギーの消費を遮断し外部との接続を断絶。結果、音も聞こえず視界も真っ暗闇。急に3次元の異空間に誘われて闇と自分が同化する。これで論理展開に集中。
 鈴木の見解によると種田は必要以上に周囲に対して気をばらまいている。中にはいられないように厳重な門を各所に括りつけ子供の侵入すら許さない強固な外部との隔たりを絶えず構築している。種田は100か0なのだ。空気と燃料の混合比を変えるためのツマミはついていない。開放か遮断のどちらかしかないのだろう。
「二件目の捜査は順調か?」ポケットに手を入れた熊田が背中越しにきく。顔はトンネル内部に向けられていた。
「えっと、勤め先で聴きこみをしてきましたが、人間関係のトラブルもないようでしたし、その付き合っている男性の情報も何一つ聞こえて来ませんでした」
「プライベートなことは話さないタイプなんだろう」
「男はあまり話さない人が多いでしょうが女性は職場の人間にも話すでしょう?友達なんかには自慢を含んで話すんじゃないんですかね」
「男とか女とはもう関係ない。男だってペラペラしゃべる奴はいるだろうし、女でも無口な奴はいる。若い奴こそ男女のそれぞれのレッテルは薄れてきているよ」
「子供ができたら誰かに話したくなると思います。女性なら特に」
「さっきから女の代表みたいには言うな」熊田は眉を上げて横顔だけ鈴木に向ける。
「熊田さんが極端に男よりだからですよ」降参のポーズで肩をすくめる鈴木。
「お前、女の姉妹がいるだろう?」
「なんでわかるんです?」瞬きの回数が飛躍的に上昇。
「女に希望を持っていないからだ。女の表も裏も見知ってきたから感覚的に女の部分もトレースしているんだろう」
「そんな事言われたのは初めてですよ」鈴木が照れと感心の中間辺りの感情を抱いた時に種田が冷凍から解凍。「また止まっていたよ」周囲を確かめている種田にそっと鈴木が教えた。