コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

水中では動きが鈍る 2-7

f:id:container39:20200509131858j:plain

「あいつ何考えてんだよ。これから事件を起こすつもりじゃなかったのかよ」相田に悲愴な声が含まれている。
「知らなですよ、でも逃げるってことは犯人だって言っているようなもんですからね。何か、証拠でも隠しもっているんですううううよ」前のシートに体の前面が押し付けられる。トラクションが通常走行時とは反対に働いているせいだ。
 迫る車、逃げる車。切れそうで甲高いエンジン音が重なりあって住宅地に鳴り響く。
「もう、後ろがないですよ」車はとうとう先ほど曲がった角まで到達しそうである。道幅は狭く二台の車両が行き交う幅はない。左手は住宅の塀、右手は段差になって花や植物が植えられた畑。
 熊田はテールを流し、角に沿ってお尻から先の見えない角を曲がった。この時に角から車が入ってくれば逃げようがなく、事故となる。ただ、曲がり角でそれも見通しの悪い場所柄、侵入する車両はスピードを落としているとすれば、大惨事までの事故にはならないだろうと腹をくくる。
 案の定、衝突を免れて車は曲がる。
 すると、警官の車両が出てこない。一時の静寂。遠くでサイレンの音。
 そろりと車の鼻面を角に出してみる。
 方向転換をしていた車が正面に向かってやってくる。しかし、アクセルを吹かす音だけでタイヤは空転。
 どうやら後輪の両方が畑の段差に落ちて這い上がれないでいるのだ。
 ただ迂闊には近づけない。ぬかるんだ地面をタイヤが捉えたら急激な飛び出しで突っ込んでくるだろう。こうなれば、車で道を塞ぐしかない。
 その時、白バイが熊田の車両の間を縫って二台登場すると素早く降り、段差に引っかかる運転席のドアを引き開ける。幸いドアにロックは掛けられていなかったようだ。タイヤが焦げるきな臭い。車から引き出される警官。白バイのもう一人が手際よく、体を拘束。腕を捩じ上げて畑に警官を押し付けて動きを封じた。
「なんだよ。痛てぇよ離せって。俺は警官だ。ほら警察手帳も持ってる。だから何して、おい待てって」熊田たちは登場した白バイの華麗な逮捕劇に見とれてしまった。なぜ彼らが、あの警官を追っていたのだろうか、と熊田の脳裏には疑問が生じた。