コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

水中では動きが鈍る 3-4

f:id:container39:20200509131858j:plain
 上層部の面々は長机に揃い、入室の熊田を一瞥、無言だ。後方から前列付近に到達すると熊田が言う。
「お呼びでしょうか?」
「お前、録画した映像を提出しなかった正当な理由があるのなら言ってみろ」片肘をついて上目遣い、白眼が強調された瞳で中央に座る管理監は低い声できいた。両隣の人間は管理監の機嫌を悪化させないようにじっと身を潜めている。
「オイルをまいた警官は犯人ではありません」
「だったら、未だに警官の消息がつかめないのはなぜだ?犯人だからじゃないのか?」
「男なんてのは行き先を告げて旅行には行かないでしょう。まあ、すぐに戻ってきますよ」
「そんな悠長なことを言ってる余裕はないんだよ!」机が勢い良く叩かれる。「いいか、次の事件が起こりそれがもしも警官でしかもだ、犯人に見当がついていたと知れたら明らかな捜査の不出来を指摘されるんだ!お前が隠していた証拠は俺が知らなくても証拠として存在していた瞬間から俺の管理下に属するんだぞ。手をこまねいて何も手を打たなかったと言われても仕方ないんだ!」つばが飛び、顔が紅潮する。管理監は大声で会議室を瞬く間に舞台上にしてしまった。他の演者の声が小さいこと。熊田は笑いをこらえてなんとか返答する。
「ですから、彼は犯人じゃないですよ。シロです」
「遺体に付着していたオイルと警官が捨てたオイルとが一致した報告書には書いてある。お前だって確認しただろうが?」
「ええ。しかし、あいつはただの模倣犯ですよ。便乗してやっただけですから、そんなに害はないです。休暇が終わればきちんと戻ってくるでしょう」
「じゃあなにか?殺しはもう一人の方だって言うのか?」
「そちらも、おそらく違うでしょう」
「違う?何が違う?身の潔白を訴えるのなら追走されても派手に逃げはしない、素直に事情を説明すれば数分の遅れで自宅には辿りつけたはずたからな。第一、番組の録画ぐらいで交通違反を犯すなんて考えられん」管理監は禁煙の会議室で当然のようにタバコを吸い始めてしまった。指に挟んだタバコで熊田を指す。「あいつが犯人だ。それしかない」