コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

焼きそばの日2-1

 開店時間。店を開けると、人の列が入り口を圧迫。通常、行列の隊列は建物の敷地に到達すると折り返し、さらに入り口まで戻って、さらに折り返す。これを繰り返すのであるが、今日は人が入り口に放射状に集まっている。

 お客はどうやら店内の飲食に確信を得て並んでいる様子だった。鬼気迫る、そして是が非でもと一人一食以上を持ち帰る列を乱したお客と、店で食する目論見を考慮に入れた常識を携えたお客。二種類のタイプは瞳に浮かべた食事という共通点で店長には同一にカテゴライズされた。

 国見が店のドアに手をかける、するとお客が気持ち、にじり寄る。「店長、店内に入れるべきですかね。整列の看板を外に出しておいたのに」国見は一度店を出て、お客の整列を開店前に調節する役割を担う。それは今日も行われた。彼女は自分の非、体調ゆえの能力低下を悔やみ、不穏な事態を招いたのは私であると自らに言い聞かせるような口調だった。

 しかし、店長は起きてしまった事態の対処に忙しい。これが店長の性質。あまりにもあっけなく失敗を認めるような態度に店員たちは反対に行いを各自で戒めてしまうだろう。

 あくまでも店長は過ぎ去った事柄には興味がないのだ、問題は現在、目の前で起きていることへの対処が最優先される。事態の起点は後に考え、次にもしも突発的や不可抗力による抗えない類の出来事であれば、それはそれはとして受け止める。これに対し改善の余地ありと見なすのならば、つぶさに行動の即席を一挙手ずつ遡る。

「テイクアウトもお客さんも店内に入れる。うーん、お客を半分に分けようか。テイクアウトということは、入る前にお客さんに伝えようか。あとは中に入れて順次、お客を裁く。入り口を開けて通路を確保するよ。残ったお客は通常通りの列に並び替えてもらう」

「どれが先頭だか見分けがつかない」小川がピザ釜に隣接する窓を、遠くを見るよう額に水平の手を当てて店長に判断を求めた。

「いつも並んでいるお客さんを優先するよ」

「暴動がおきませんか?」館山が眉をひそめて顔を向けた。

「優先は好みじゃない。だけど、いつものお客さんにはそれなりのアドバンテージを与えていいんじゃないかな」店長は説得するように言った。「意見は必ず分かれる。全員の同意を得るのは、困難だ。意見の一致は誰かが必ず内に秘めた意見を押し殺す。それにいつものお客さんはまた次も来てくれるだろう、近隣に職場があるんだ。もしくは、出先の用事でたまたま昼の休憩時間にこの辺りに滞在する。しかし、その他の無秩序なお客は列の並びすらもお構いなしだ、最初に並びを誤ったのか、わざと間違えたのか、判断に困るけど、彼らとこれまでのお客とを天秤にかけるとおのずと答えは導かれる」

「常連さんを優先ってことですぅねっ!」小川が高い声で言った。

「国見さんなら大丈夫だよ」店長は国見に言う。

「蘭さんに任せるんですか!?なんなら私がこう大声で一発かましてやろうかと思ったんですよね」小川が腕まくり。それを館山が睨む。